静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

ベネチアンガラスで優雅なひと時を【アトリエブラン】

DSC_4821
静岡市街中、市役所前から常盤公園までを東西に繋ぐ青葉通り。冬になれば並木にイルミネーションが灯る、静岡市でも指折りのデートスポットです。静岡を舞台にした映画「イニシエーション・ラブ」に登場したことでも有名ですね。
そのほとんど中央部、待ち合わせスポットとしてもお馴染みの青葉交番前交差点ですが、今回注目したいのはその北西にあたる角。優しい日差しの街並みに溶け込むような、可愛らしいショップをみなさんはご存知でしょうか。

buran-2

以前よりベネチアンガラスの輸入、卸を行っていた小代(おじろ)有美さんが、ベネチアンガラスをもっと知ってもらいたいとの想いから『アトリエブラン』をオープンさせたのは2016年の3月。
ベネチアンガラスというと、高価なイメージを抱きがちではありませんか?
アトリエブランは、そんなイメージを払拭して余りある、親しみやすさにあふれたスペースなのです。

DSC_4683

【アットホーム&ハンドメイド】

店内には、見るからに舶来のものらしい雑貨やアクセサリーが思いの外お手ごろ価格で並べられています。
しかし、それだけではありません。棚やショーケースには女性ならばほとんどの方が子供のころ遊んだような、可愛らしいミニチュアの家具やおうちなどがディスプレイされています。
これは、店内で販売しているキットを使って作られたもの。綺麗な色のミニチュアたちは、イスなどの簡単なものなら、早ければものの10分ほどで完成させられるのだそう。
ドールハウスのような沢山のパーツがあるタイプはもう少し時間が掛かりますが、空いている時間に何度かアトリエブランに通って作ることもできるので忙しい方でも安心ですね。
もちろんその間、作りかけのミニチュアはお店でしっかり保管してくれます。

フロアギャラリーはこちらから

「販売のための店舗というよりワークショップがメインですね」という小代さんの言葉通り、アトリエブランではこうしたミニチュアの他にも沢山のハンドメイドワークショップが開かれています。

その中でも人気のワークショップが「ポーセラーツ」教室。こちらの講師をつとめているのが、輸入雑貨&クレイマカロン・ポーセラーツ『STORY』の代表である崔藤(さいとう)和代さんです。

DSC_4792

ポーセラーツというのは、陶器やガラスのお皿などに転写紙を使って花や縁取りなどの柄を転写し、焼き上げることで自分オリジナルのテーブルウェアを作ることができるという人気のハンドクラフトです。
ポーセラーツの魅力はなんといっても、作り上げた作品を「おうちで使える」ということ。もちろんお皿以外にも、ティーポットやマグカップなど沢山の種類から作るアイテムを選択でき、転写紙の柄も様々。世界にひとつだけのティーセットを作りたい!なんていう夢も叶ってしまいますよ。

DSC_4773

生徒さんの作品だというお皿を見せていただきましたが、白い陶器にピンク色のバラがよく映え、とても手作りとは思えない出来。こんな素敵なお皿を自分の手で作ることができるというのは驚きです。
出来上がったらどんなときに使おうか、上に乗せるのはお料理かケーキか……と、イメージを膨らませながら地となる陶器やガラスの上に転写紙を配置するのはきっとわくわくする時間に間違いありません。

ところでこういった焼き物の体験というと、完成までに長い時間が掛かるようなイメージがありませんか。忘れた頃に届くといったような……。
アトリエブランのポーセラーツ教室では、崔藤さんが平日は毎日焼き上げているとのことで、土日を除いた3日間ほどで作品が完成します。やはり、折角作ったテーブルウェアはすぐに使いたいものですよね。

DSC_4738

崔藤さんが担当するワークショップはポーセラーツの他に、アクセサリー教室とクレイマカロン教室。
アトリエブラン内には、実際に崔藤さんが作ったというピアスなどのアクセサリーが並んでいます。アクセサリーショップに並んでいるそれなりの値段のピアスと比べても、全く違いがわからないでしょう。これが自分で作れるようにはとても思えません。しかし、崔藤さんが言うには「パーツを組み合わせるだけ」なので、誰にでも簡単にできてしまうのだそう。にわかには信じがたい話ですね。
と筆者が目を丸くしていると、「これなんかは子どもが作ったんですよ」と奥から飾りのついたヘアゴムを出して来て見せてくださいました。小代さんが買い付けてきたベネチアンガラスのパーツがビジューのように煌めく、少し大人っぽいデザインのものと、レースで囲まれたモチーフに小ぶりな花が咲いた可愛らしいもの。ITS DEMOなんかに800円くらいの値札が付けられて置いてありそうに見えます。
これをお子さんが……と思うと、なんとなく自分にもできそうな気がしてきました。

DSC_4784

アトリエブランで扱っているアクセサリーパーツたちの中で特徴的なのは、ベネチアンガラスの工房で欠けや割れによって製品になれなかった欠片など。本来販売されないものを、小代さんが工房から直接買い付け、ワークショップ用の材料として提供しています。

本物のベネチアンガラスのアクセサリーというと本来高価なものですが、ビジューでは格安で、しかも自分の手で作り上げることができるのです。
また、最近様々なところで人気の猫をモチーフとしたパーツもしっかり用意されています。ひとつひとつ微妙に表情の違う猫たちは、猫好きにはたまりません。

フロアギャラリーはこちらから

minneやCreemaなどのハンドメイドショップサイトは、今や大変な人気ぶりです。自分でもアクセサリー作りに興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「でも、道具やなんかを揃えるとなるとちょっと……」という方は、まずアトリエブランでハンドメイドを体験してみるのがオススメです。

アトリエブランには、ベネチアンガラス製をはじめとしたパーツだけではなく、ハンドメイドに必要な道具も揃っています。ピンセットやラジオペンチなど、ひとつひとつはちょっとしたものでも全部を集めるとなると意外と値段が張ったり、置き場に困ったりするものなのでこれは非常に嬉しいですね。
また、最近ハンドメイド界隈を賑わしているUVレジンの機材も置いてあるそう。ジェルネイルと同じように、紫外線を当てて樹脂素材を固めるUVレジン。アクセサリー作りの幅が広がること間違いなしですね。

DSC_4795

更に、少し前から各所で話題となっているハンドクラフト、クレイマカロンもアトリエブランでは作ることができます。クレイと呼ばれる粘土で作られるマカロンは、カラフルなパステルカラーで本物そっくり。思わず食べたくなってしまうほどの愛らしさで、インテリアや雑貨の飾りとしてのみならずウエディング小物としても長い人気を誇っています。
そんなクレイマカロンを、自分で作ることができたら嬉しいですよね。結婚式を控えたプレ花嫁さんにもオススメです。一生に一度の結婚式を自分の手で作ったクレイマカロンで彩る、必ず素敵な思い出になりますよ。
アトリエブランには、クレイマカロンがちょこんと乗ったシルエットが可愛らしい、ボールペンなどの雑貨も並んでいます。手に取って眺めるほどに気になってくるクレイマカロンをぜひ作ってみませんか?
また、アトリエブランでは結婚式などのためのディスプレイアイテムを特注でお願いすることもできます。ウエディングの会場にクレイマカロンのタワーを置きたいけれど自分で作るには時間もないし、ちゃんと作れるか不安……、というときでも安心ですね。

これらのワークショップには、体験レッスンの時間も設けられています。興味はあるけど自分にちゃんとできるか心配な方は、体験に行ってみましょう!レッスン料も1500円~と気軽にお試しできる価格です。時間は毎週土曜日の10〜13時くらいまでとなっています。
また、講師の資格を持っている崔藤さんは出張レッスンも行っているとのことなので、なかなか家を離れられないという方は問い合わせてみてください。

【新しい季節、新しい楽しみ】

春というのは、だんだん暖かくなって、過ごしやすいというだけでなく、新しいことを始めるのにピッタリの季節です。春風に吹かれていると、なんとなくウキウキとして去年とは違ったことをしてみたくなりますよね。
そんなときはぜひアトリエブランに足を運んでみてください。先に挙げた3つの他にも、沢山のワークショップがあなたを待っています。
例えば、古い着物の端切れなどを使ったつまみ細工のお花飾りやカントリードールと呼ばれるお人形作り、アクセサリーにスワロフスキーを貼ったりとその幅は多種多様。
更に、「こういうの習えないかな」という希望がある場合もぜひお問い合わせを。
アトリエブランでは、沢山の講師がワークショップを行っています。
新しい趣味を見つけたい、何か作ってみたい、という方には、10分程度からできるあとりえぶらんのハンドメイドがオススメです。

DSC_4808

小代さん、崔藤さんに、ハンドメイドの魅力をお聞きしてみました。

「やっぱりゆっくりと自分で作ることで愛着が湧きますよね。楽しい時間も作れるというか……。それに、没頭できる趣味があると生活にメリハリができますから」
「あのアクセサリーが欲しい!と思っても値段が高くて手が出ないときってありますよね。ハンドメイド好きな人はそんなとき、自分で作っちゃえーって。楽しいし、なにより安く手に入れられますから」

いかがでしょうか。趣味でハンドメイドを始める上で、おそらく一番のネックとなる「スタート」。何を買えばいいのか、このパーツはどうやって取り付けたらいいのか……。「初めて」はわからないことだらけです。そんなはじめの一歩を手助けしてくれる場所、アトリエブランは、毎週火曜日、水曜日が定休となっています。また、東京や横浜の展示会に出品するためお休みの場合がありますので電話で確認してみてくださいとのこと。

みなさんも、この春から新しい趣味を始めてみませんか?

DSC_4626

【アトリエ・ブラン詳細】

所在地:静岡市葵区七間町14-7
お電話番号:054-269-5424
定休日:毎週火曜、水曜日
公式HP:http://lithosichikawa.jp