静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

富士の国、ちょっぴり贅沢なリストランテ【Campana】

東名高速道路富士インターから車で5分と、遠方からのアクセスにも便利な好立地の『アパホテル 富士中央』。
その2階に、オシャレなリストランテがあるのをご存知でしょうか。
『リストランテイタリアーナCampana(カンパーナ)』。その名の通りイタリアンをメインとしたホテルレストランです。ときにはちょっぴりリッチな女子会ランチに、ときには大切な人との記念日ディナーに、またときには結婚披露宴に、と「特別な時間」を過ごすのにピッタリな空間である『Campana』の魅力を、今回はご紹介致します。

DSC_3021

【ちょっと特別な日のランチ】

日本の最高峰富士山の麓、富士市の中央部に位置し、ビジネスから観光まで様々な目的に利用しやすい『アパホテル 富士中央』。リゾート経営なども有名なアパグループによるビジネスホテルです。
そんなこちらのホテルには、「アクセスに優れた使いやすいホテル」という他に、魅力的な一面があるのをご存知でしょうか。

それが、2階フロアの『リストランテイタリアーナ Campana』です。イタリア語で「鐘」という意味だというCampanaという店名通り、鐘がイメージされた内装はシックでありながら、板張りの床などでカジュアルさも意識されています。

メニューはこちらから

DSC_4513

『Campana』へ向かうには、1階のアパホテルエントランスにある階段か、正面駐車場横にある屋外の階段を登っていきます。メニュー看板などはありませんので、初めは少し戸惑うかもしれません。しかし、階段を登った先は、上質さの中に親しみやすさを併せ持つCampanaのフロア。揃いのベストとタブリエエプロンを着用したスタッフさんたちが笑顔で迎えてくれます。

DSC_3015

そんなCampanaで一番の人気を博しているのが毎日午前11時30分からスタートする「ランチバイキング」です。
結婚披露宴も手がけるホテルシェフの手で作られたメインディッシュ(主食または主菜)にプラスして、サラダやアンティパスト(前菜)、ドルチェ(デザート)のバイキングが込みで1980円でいただけるというのは非常に魅力的。
メインのお料理は、パスタ、ピザ、グリルの各種から選ぶことができます。
主に女性から支持されているこちらのランチバイキングは、富士市内のみならず沼津や清水、遠くでは山梨からもお客さんが訪れるという人気ぶり。

mainimg01

フロアギャラリーはこちらから

注目したいのが年に3回入れ替わる「季節のメニュー」。パスタを中心に、旬の食材を使い趣向を凝らしたひと皿を味わうことができます。
現在並ぶのは、3〜6月の春から初夏にかけての料理たち。「真珠の海老とアボカドのフェットチーネ」は特に女性にオススメな優しいお味のクリームパスタ。フェットチーネと呼ばれる幅の広い麺に、海老の旨味とアボカドのほのかな酸味が溶け出したクリームソースがよく絡みます。

ちょっと変わり種では、富士市吉原のご当地グルメである「つけナポリタン Campanaスタイル」が。B級グルメ感の強いつけナポリタンですが、もちろん料理長がこだわって作っており、麺はもちもちした食感が特徴の生めんを使用。ひと味違ったつけナポリタンを堪能できますよ。

2

また、通年を通して人気なメニューが「オージー牛ロースのグリル」です。海外産の牛肉と聞くと、お肉が固かったりしないか心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらはお年寄りにもファンがいるほど柔らかなビーフを使用しています。
他にも、「朝霧牛のハンバーグ」や「富士の国の豚のグリル」など、味に定評のある地元の食材を使ったメニューが目白押し。本格的なイタリアンを堪能できるこれらのグリル料理を選択する方も多いのだそう。

もちろんバイキングとして並ぶ大皿料理もオシャレなひと手間の掛かったものばかり。
新鮮なグリーンサラダで使われる野菜たちは、自家菜園から運ばれて来るとれたてのもの(時期により変更あり)。レストランのオーナーが手間暇を掛けて育てているという野菜の甘みを堪能できます。

メニューはこちらから

温かいアンティパストにもこだわりが。質の良いイベリコ豚を使ったコロッケは、この季節限定のひと皿。食べやすいひと口サイズにまとめられたタネは口当たりの良いじゃがいもがベースとなっており、挽肉の旨味を引き立たせています。

常に2種類が用意されるというスープも旬の味覚。クリーム系とコンソメ系、どちらもその時々によって使われる素材が変わります。
これからの時期は玉ねぎが美味しい季節。コンソメスープはそろそろオニオンスープに変わるのだというお話を伺うことができました。
スープと合わせていただきたいパンは、バイキングでも食べやすいよう小ぶりのものを用意してあります。こちらは、ホテル1階に入っているデイリーヤマザキの厨房でCampanaの注文を特別に焼いているもの。しっかりとした小麦の風味が香ります。

さて、ランチバイキングで忘れてはいけないのがはやはりドルチェ。スイーツ食べ放題、というのは多くの女性を魅了するワードですよね。
自家製のプチシューやシフォンケーキを始め、冷蔵のショーケースには数種類のケーキやゼリー、ムースなどが揃い踏みしています。
ここでぜひ食べていただきたいのがケーキの王様、ショートケーキ。甘さ控え目のクリームと瑞々しい果実が互いを引き立たせているこちらは、女性スタッフが丁寧に一から手作りをしています。

また、ここCampanaのドルチェで特に最近話題になっているのが「フレンチトースト」です。元々は期間限定メニューとして始まったのだそうですが、「フレンチトーストを食べに来た」というお客さんが後を絶たないために定番化したという逸話があるこちら。
優しい甘さの卵液が厚切りのバゲット(フランスパン)にしっかりと染み込んでおり、シェフによる絶妙な焼き加減でトロトロふわふわに仕上げられています。そこに、ホイップクリームやメープルシロップ、パウダーシュガーなどお好みのトッピングを自分で施せるのも人気のポイント。
ランチタイム中の決まった時刻になると、席までスタッフさんがフレンチトーストの注文を取りに来てくれますので、ぜひ頼みましょう。Campanaランチバイキングの看板のひとつとなりつつある人気メニューです。

lunch-1

我々が訪れた際、Campanaは「桜祭りバイキング」の真っ最中。ドリンクやドルチェには、桜にちなんだものも。
ドリンクコーナーのポップに記された「桜レモネード」は、桜シロップとレモンシロップをソーダで割ったオリジナルドリンクです。透き通るピンク色の中に弾ける泡が見た目にも春を感じさせてくれます。
また、ドルチェもオリジナル「さくらムース」、クリームの中に花の咲く「桜ロールケーキ」と可愛らしい桜が。まさに桜祭り。

残念ながら桜祭りは桜が咲いている時期限定とのことで、今シーズンはまもなく終了してしまいます。しかし、Campanaでは桜祭り以外にもシーズン毎にテーマを設けて特別メニューを提供しています。次はどんなフェアが行われるのか、楽しみですね。

ホテルシェフが腕を振るった料理を、ファミリーレストランに少し上乗せしたくらいのお手頃価格で、しかもバイキング形式でいただけるというのは心が躍りますね。90分制ですが、他のお客さんが待っている場合を除いて、基本的にゆっくりしていられるこちらのバイキング。中には2時間ほどお喋りを楽しんでから帰られる方もいらっしゃるのだとか。
まったりとしたいママ友同士のちょっと贅沢なランチや、久しぶりに会うおじいちゃんおばあちゃんとのお食事会、なにか嬉しいことがあった日のお祝いなどにもピッタリです。

mainimg01

フロアギャラリーはこちらから

こちらのランチバイキングは基本的には毎日開催されていますが、2か月に一度のメンテナンスや、土日などで結婚披露宴の予約が入っている場合はお休みすることもあるとのことですので、ホームページの営業カレンダーをチェックしてみてください。また、11時30分から12時であれば席予約も可能です。
更に、レストラン入り口の受付カウンターではランチバイキングチケットも販売しています。ちょっとした贈り物にもバッチリです。
また同じくカウンターの一角には、バイキングに並ぶ料理のレシピコーナーが。気に入った料理をおうちでも楽しめるというのは嬉しいですよね。

dinner-1

【大切な人とのかけがえのないひとときを】

カジュアルなランチタイムに比べて、よりホテルレストランらしさを感じられるディナー営業は完全予約制。しっとりとした雰囲気の中で本格イタリアンのコース料理を味わうことができます。
4種のアンティパストから始まるコースメニューは、6000円、7500円、9500円の3種類。6000円のコースのみ当日予約が可能です。

シェフが腕を振るう料理たちは、味はもちろんのこと見た目も華やか。加えて上質なサービスも行き届いています。
Campanaでは、特別な記念日のために様々な要望に応えてくれます。例えば「お誕生日にサプライズを用意したい」という場合。
定番のところではケーキを、もう少し特別なギフトをというときにはお花もお願いすることができます(予算目安3000円)。その際、スタッフさんたちがバースデーソングを歌ってくれる他、音楽や、映像での演出も相談に乗ってくれますよ。
「スタッフも楽しんでやっています」とのことで、お誕生日や結婚記念日など、大切な人とのアニバーサリーを彩ってくれることは間違いありません。

DSC_3104

またCampanaでは、水入らずの特別な時間を楽しむことができます。その理由としては、完全予約制ということに加え、その席の造りも挙げられます。
シンプルな布張りのソファで囲まれたボックス席は、背の高い衝立で区切られており、他のお客さんを気にすることなくゆったりと過ごすことができます。特に、テラス側の角に位置するボックスは半個室のような空間となっており、「あの席を」と指定で予約されることもある人気の場所。特別なディナーを楽しむのにピッタリな席は、ぜひ予約の際にお願いしましょう。

メニューはこちらから

そんな素敵な夜に欠かせない、お料理に合わせたワインも豊富に揃っています。ワイン好きの専務がこだわって選んだというリストに並ぶのは、もちろんイタリアのもの。お値段も、他のお店でワインを頼んだことのある方なら驚いてしまうほどにリーズナブルです。
基本的にはボトルでの提供ですが、常に赤白各種類のグラスも用意してありますので、そんなにお酒は飲めない……という方も安心ですね。
また、どのワインを選んだらいいかわからないという場合はスタッフの方に尋ねてみましょう。お料理に合うものを選んでくれますよ。

apa-sei

かく言う筆者も、店長の清さんにオススメのワインを教えていただきました。それが、「ファンティー二 モンテプルチャーノ ダブルッツォ ジロ ディタリア」という一本。
そのピンク色が可愛らしいラベルをよく見ると、自転車に跨り両手を突き上げたポーズの男性が写っています。
「ジロ デ イタリア」という名前を聞いたことはありませんか?そう、世界3大自転車レースのうち、イタリアがコースとなっているものですね。このワインの生産者であるファルネーゼは有名なワイナリーであると同時に、このレースのスポンサーでもあるのです。このボトルのピンク色も、レースの総合優勝者に送られるピンクジャージにちなんだもの。
そんな近年人気の自転車に興味のある方にはたまらないワインですが、もちろんお味も秀逸。ぜひ試していただきたい一本です。

また、パーティにも柔軟に対応してくれるのがCampana。人数のキャパシティーは90名ほどだという広々とした空間は、また違った一面を見せます。カジュアルなイタリアン料理の大皿を囲むパーティは、会社を挙げての歓送迎会や忘新年会を始め、立食形式での同窓会など、富士市周辺の多くの団体から高い評価を得ています。

mainimg01

ところで、ホテルのレストランといえばイメージするのはやはり「結婚披露宴」や結婚前の「顔合わせ」などではありませんか?
レストランウエディングは、現在高い人気を集めていますよね。
もちろん「鐘」という幸せなふたりを想像させる店名を持つCampanaでは結婚式も行われています。こちらのウエディングの特徴と言えるのはホテルだからこそのトータルなおもてなし。

在住カップルの多くが静岡市や三島市の会場で結婚式を挙げる風潮が強いという富士市にあって、Campanaで挙式を行う新郎新婦の多くは富士市出身で現在は別の地域に住んでいたり、どちらかの出身地が県外であったりという場合が多いのだとか。
そういった場合、出席者の多くが遠方からのお客さんということで、ホテルでの宿泊を込みにしたプランが人気です。挙式、披露宴、二次会、そして宿泊までが同じホテル内で可能というのは非常に魅力的。遠方にお住まいで、富士市で結婚式を挙げたいと考えているカップルの方々にはぜひ選択肢に入れて欲しいですね。

DSC_3425

もちろん、料理や演出、サービスについては言うまでもなく上質なもの。イタリアンレストランであるCampanaでは、フレンチほど肩肘張らずにお料理を楽しむことができますので、アットホームなウエディングをと考えている方にもオススメです。会場見学や相談は完全予約制で毎日行われていますので、まずは見学へ行ってみるのが吉。

そんな幸せな結婚への一歩目、家族同士の顔合わせで人気だというのがCampanaからすぐの会場「エンゼル」。20名ほどのお食事会が行えるこちらのお部屋の特徴は、なんと言ってもその大きな窓。富士山に面した一面がガラス張りとなっています。晴れた冬の日などは、本当に綺麗に見えるのだそう。
特に、片方のご家族が遠方からのお越しという場合、大きな富士山が見えるこちらのお部屋は大変喜ばれます。静岡に住んでいる私たちには当たり前にそこにある富士山ですが、県外の方にとっては感動の景観です。
そんな、アパホテル 富士中央のレストラン『リストランテイタリアーナ Campana』。
2階という立地は、初めて訪れる方にとっては不安と期待が入り混じることかと思います。しかし、その気持ちを満足に変えるだけのおもてなしは
「期待は裏切りません。ぜひ来て欲しいですね」
というマネージャーの鈴木さんの言葉の通り。
近々、お客さんが上がって来やすいような看板をホテル外観に設置する予定もあるそうで、より訪れやすくなること間違いなしのCampanaです。日常の中にありながら、「特別」を感じることのできるレストランへ、ぜひ足を運んでみませんか。

【Campana詳細】

所在地:〒417-0056 静岡県富士市日乃出町38番地

電話番号:0545-51-7555
公式HP:http://www.suzuwa.co.jp/restaurant/index.html

〚ランチバイキング〛
営業時間:11時30分~14時
料金:バイキング+メイン料理 1,980円
小学生 (バイキング+パスタハーフ) 1,400円
小学生未満 (バイキング+パスタハーフ) 1,150円
小学生未満 (バイキングのみ) 750円
全て消費税・サービス料込み
特製ランチコース:2500円

〚ディナー〛(完全予約制)
営業時間:17時~20時(22時閉店)
料金:6000円~
イタリアンパーティーメニューは4800円
ペアディナー(当日予約可):3500円