静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

Let’s CHEVY’S STEAK!!

ss-6

【幸せは鉄板の上に】

充分に熱せられた鉄板の上でじゅうじゅうと食欲を刺激する音を立て、湯気とともに立ち昇るのは焼けた肉と脂の香気、ひとたびナイフを入れれば溢れ出す肉汁……。フォークを突き立て頬張ったなら、そこに言葉は無意味。身体中にえも言われぬ満足感が迸ります。

ご存知でしたか?美味しいお肉を噛み締めるとき、私たちの脳は幸せ物質「アナンダマイド」を分泌します。
定期的にやってくる「美味しいお肉が食べた〜い!」欲は、このアナンダマイドがもたらす幸福感を欲することによるものなのです。

 

DSC_7100

そんな、どうしようもない「お肉食べたい欲」に駆られたとき、私たちの脳内ではいくつかの選択肢カードが広げられます。焼肉、トンカツ、さわやかのハンバーグ……しかし、やはりお肉料理の王様と言えば「ステーキ」ではありませんか?

綺麗に焼き目のついたバランスの良い赤身と脂身がてらてらと輝く、充分な厚みのある牛肉を存分に堪能したい。そんな欲求は、ジュワジュワと私たちを侵食してきます。

しかし、ステーキとは存外に難しいお料理。
ご近所のスーパーで良さそうなステーキ肉をゲットしたとしても、「完璧だ!」と思えるステーキに辿り着くことは容易ではありません。
インターネットで散々焼き方やソースの作り方を調べたけれど、確かに美味しかったけれど、なんとなく不満……。

ギャラリーはこちらから

折角幸せ物質いっぱいのお肉を食べているというのに、そんな不満感を持つのはもったいないですよね。特にステーキなら、非の打ち所がないような幸福感に身を任せてしまいたい。

ならば、「ステーキのプロ」にお任せするのが賢い選択。彼らは、美味しいお肉の選び方はもちろん、素人には到底できないような緻密な焼き加減、更にお肉を引き立てるソース、付け合わせを作り上げ、私たちに「幸せなステーキ」を味わわせてくれます。

今回は、そんなステーキのプロのいるお店『シェビーズステーキ』をご紹介します。

DSC_7254

【こだわりのビーフ、確かな腕。新たな挑戦】

シェビーズステーキがオープンしたのは、2016年の4月21日。出来立てのステーキ屋さんです。
オーナーシェフである黒河内さんは、静岡市民なら一度は耳にしたことのある老舗『ステーキハウス カウボーイ』の2代目として、長年修行してきた実力派。話してみると非常に気さくで、明るく親しみやすいお兄さんといった雰囲気ですが、ステーキを焼く腕前は一流です。

DSC_7116

静岡市葵区紺屋町の西側、炙りの助の向かいに位置する『シェビーズステーキ』。ひとたび扉を開けるとそこは、シャーベットのような明るいライムグリーンとナチュラルに塗られた白を基調とした店内。往年のハリウッドスターやロックミュージシャンたちの写真が飾られているほか、流れているミュージックも相まって、ステーキの本場であるアメリカにやってきたかのように錯覚してしまいます。一見ポップな内装ですが、イメージは50〜60年代アメリカの田舎の一軒家。

ギャラリーはこちらから
「なかなかわかってもらえないんですけどね」と黒河内さんは語りますが、古いアメリカ映画好きにはこれだけでなんとも堪らない空間です。

DSC_7287

各テーブルに備えられたメニューの表紙にも、アメリカを代表するバーボン「JIM BEAM」のロゴマークがプリントされ、アメリカンテイストに溢れています。
そんなこだわりのメニューを開けば、自慢のステーキを始めとしたお料理、そしてドリンクが並びます。

ギャラリーはこちらから

やはり1番人気は、お店の名前を冠した「シェビーズステーキ」。225g(2300円)から味わうことのできるこちらは、チルドのUSサーロインを使用しています。チルドビーフというのはその名の通り、冷凍せずにチルド状態で運ばれてくるビーフのこと。冷凍に比べ迅速な輸送を必要とするため、価格はやや高くなってしまいますが味の違いは瞭然です。
美味しいステーキを作り上げるため、シェビーズステーキではチルドビーフにこだわっています。
また、225gという分量は日本ではなかなか目にしない、一見中途半端な数に思えますが、実は「ハーフポンド」のこと。1ポンド450gというアメリカ式に則った数字なのです。

その香りだけで「これは美味しいやつだ」と確信できる絶品ソースに、バターを乗せたジューシーなサーロインステーキは、「お肉感」をガッツリと堪能したいときにピッタリ。シェビーズステーキが自信を持ってオススメするまさに「看板メニュー」です。

また、「和牛モモ肉ステーキ(150g/2000円)も人気のメニュー。国産の黒毛和牛を使用しているこちらは、サーロインの「シェビーズステーキ」に比べてあっさりとした味わいが特徴です。ソースは同じものですが、上に乗せるのはバターではなく、有東木から直接買い付けているという本ワサビ。1回ごとにその場でおろしたワサビを贅沢に添えて、さっぱりといただきます。
冷めても固くならないというこちらの和牛モモ肉ステーキは、お酒との相性も抜群です。

シェビーズステーキのステーキメニューは、基本的にライス、サラダ、スープ、コーヒーの付いたセット価格。この品質のお肉を、この値段でいただけるというのは黒河内さん曰く「わかる人にはわかってもらえる」お値打ちな価格設定となっています。

セット無しの単品で注文する場合は200円引きとなります。例えば、先程挙げた「黒毛和牛モモ肉ステーキ」をおつまみとして頼みたいという場合には、150gで1800円。それなりの居酒屋さんでお料理を注文すると考えれば、「お高い!」とは考えにくいですよね。

他にも、以前限定メニューとして出したところ好評を博しレギュラーメニュー化した「黒毛和牛のカルパッチョ(1900円)」やサラダなどの一品料理も豊富。
スポットで仕入れたお肉や限定メニュー等はFacebookで随時更新されるとのことなので、こちらもお楽しみに。

もちろん、ステーキによく合うドリンクもシェビーズステーキには用意されています。
お肉に合わせて飲みたいお酒といえば、やはり赤ワインですよね。特に、しっかりとしたお肉の味に負けないような、フルボディのものがよくマッチするのだそう。
グランドメニューに並ぶワインたちの中で、特に黒河内さんがオススメしてくれたのは、値段と味のバランスが取れたチリ産のアルマドールメルロー(フルボトル4000円)と、間違いなく満足してもらえるような、値段に見合った味だというフランス産のドメーヌ・ド・ヴァルマンゴー(8000円)。他にも、良いものがあればスポットで仕入れてメニューに加えているのだとか。

シェビーズステーキのワインメニューには、イタリア産やチリ産、南アフリカ産など、少し珍しい産地の銘柄が多く並びます。
「あまり見ないものを置きたくて。南アフリカ産とか、そんなに有名じゃないんですけど値段と味のバランスが良いんですよ。……まあ、今後はフランスワインも増やそうと思ってます」
という黒河内さんは元々お酒好き。
「生は500円以上にしたくなくて」
と語る生ビールはこだわりのカールスバーグです。

DSC_7284

静岡街中の紺屋町という立地のためか、以前いたカウボーイよりもお酒を飲むお客さんが多いのだというシェビーズステーキ。
「幅広く使ってもらえたら」と黒河内さんが話すように、利用のシーンを選ばないステーキハウスです。

もちろんランチメニューも充実。ステーキ丼(180g/950円)やステーキランチ(160g/1300円)、ハンバーグランチ(160g/1000円)は、コーヒーおかわり自由付きが嬉しいですね。ランチタイムには昼休みのサラリーマンで賑わっています。

【カウボーイの2代目が打ち出す新たなステーキハウスの形】
「カウボーイという老舗の味を引き継ぎながらも、新しい物、新しいメニューを生み出していきたいですね。お客さんそれぞれに好きなスタイルを見つけて楽しんでもらいたい。カップルでも、女子会でも、気軽に使って欲しいです」
という黒河内さんの言葉通り、ランチ、ディナー、加えてお酒という従来のステーキハウスのイメージとは違った柔軟さを持つ『シェビーズステーキ』。
更なる利用シーンとして「宴会」メニューも準備しています。こちらは飲み放題付きでひとり5000円から(女性のみ4000円から)、提供されるお料理は「お肉が食べたい!」、「さっぱりめがいい」といった要望に応えるメニューをご予算に応じて組み立ててくれます。黒河内さんをはじめとしたスタッフさんたちが、個人店ならではの柔軟さで対応してくれますのでまずはご相談を。

ギャラリーはこちらから

老舗である『ステーキハウス カウボーイ』の味をより身近に、より親しみやすく。2代目である黒河内さんがカウボーイのソース、バターなど老舗の味を守りつつも、新たな息吹をもらたすべく打ち出したステーキハウスの形を目一杯楽しんでもらいたい。そんな想いのこもったお店、『シェビーズステーキ』。ぜひあなたの目で、鼻で、舌で……五感全てで味わってみてください。

DSC_7222

【シェビーズステーキ詳細】

所在地:静岡県静岡市葵区紺屋町14-1 エスポワールビル1F
電話番号:054-252-0977
営業時間:平日11:30~15:00 (L.O14:15) 18:00~23:00 (L.O22:15)
金、土、祝、前11:30~15:00 (L.O14:15) 17:00~24:00 (L.O23:15)
定休日:毎週木曜日(祝日は営業)
フェイスブック:https://www.facebook.com/chevyssteak/