静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~青葉小学区~

DSC_1161

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。
静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。

しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。
そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は駿府城のお膝元、『青葉小学区』を特集します。

【静岡の由来】

第1回の今回は、まずは『静岡』の由来について少しお話します。
中世以来、静岡は、府中あるいは駿府と言われてきました。

しかし明治の廃藩置県を前に時代にあった名前に変えることを余儀なくされました。
そこで協議が行われ決まったのが賤機山に因んで賤ヶ丘と決まりました。

しかし土地柄を考慮せよ。との事から「静ヶ丘」あるいは「静岡」が良いとの主張があり明治2年に静岡と決まった。
なお、駿府は駿河の府中からきたもので、府中はその地方の国府が置かれているところなのであります。

【追手町の由来】

駿府城の追手門(正門)にちなんで付けられた町名で、以前は駿府城の本丸・二の丸・三の丸の跡地すべてを包括していましたが、昭和41年の住居表示により、本丸と二の丸を駿府公園とし、三の丸のうち、東北部は分離されて、城内町と駿府町となりました。
したがって現在の追手町は向い合ってそびえ立つ、県庁と市役所を中心としたオフィス街を持って構成されています。

【呉服町の由来】

徳川家康公が駿府町割り出しをした時、今川時代から徳川時代にかけて、絹座、木綿座の長であった伴野宗善が住んでいたことから呉服町と名付けられました。
また呉服町通りには昭和初めの金融恐慌までは十数軒の大きな呉服店が軒を連ねていました。

【両替町の由来】

一丁目から六丁目まであったのを、戦後の区画整理により三丁目までを一丁目、以下六丁目までを二丁目とした。江戸時代初期、徳川幕府は駿府に金座、銀座を設けたが、その両替所であった事が町名の初めとされています。

【七間町の由来】

通りの幅が七間(およそ13メートル)あったのが町名になっという説と、七座の長の代官屋敷があったからという説、さらに七座が並んでいたことから七軒町となったのだという説もあります。
『座』というのは米や魚類、線維などを専売していた特定業者の同業組合の事であり、特に米、油、魚、木綿など主要商品の座を七座と言いました。

七間町はもともと一丁目から三丁目まで有りましたが、戦後の区画整理の際に、札之辻、藤右衛門町、人宿町、上石町などの一部を併合し丁目を廃止しました。
七間町通りを西に行くと、駒形通りと接続しますが、それは昭和に入ってからの話でそれまでは突き当りに安立寺というものがあったそうです。

【上石町の由来】

江戸時代にここに米座の人々が住んでいたので石は殻と同じ意味で使われていました。
静岡には殻類を商売にしていた町が二箇所あって、北部にあったのが上石町、南部にあったのが下石町と呼ばれていましたが、下石町は区画整理により近くの街に併合されその名は無くなりました。
上石町もまた一丁目から三丁目までありましたが、戦後の区画整理により丁目は無くなりました。

【人宿町の由来】

まさに読んで字のごとく、古くは宿屋町でありました。横田町や伝馬町も宿駅として発展しましたが、そちらは江戸時代の本陣、脇本陣はそちらに置かれていて、人宿町の方は商人宿が多くありました。
戦後の区画整理により元々あった三丁目は無くなり、現在の一丁目、二丁目となりました。

【梅屋町の由来】

人宿町の西隣で梅屋という旅籠があったので町名になりました。以前は横七間町とも呼ばれた繁華街でありました。

【常磐町の由来】

前後の区画整理により新しく出来た町で、町名の由来は永遠の繁栄を願って付けられたもの。
吸収されて消えた旧町名は平屋町、下石町、江尻町が常盤町一丁目に。
下魚町、常慶町、西門町、宝町などが二丁目となりました。

【紺屋町の由来】

家康公在城時代にお城御用の染物師(紺屋)が住んでいたので町名となりました。現在の紺屋町は昭和の区画の整理により、鳥見町、鍛治町、その他の町の一部を編入して構成されています。

【御幸町の由来】

昭和天皇が静岡地方ご視察のため行幸されるということで、静岡駅から当時掘端にあった御用邸まで直線道路が造られました。以来その通りを御幸町通りと称しました。

【昭和町】

下桶屋町、宝町、鍛治町を母体に周辺の町の一部ずつを併せて昭和20年に新設された町で、昭和の元号に因んで付けられました。

以上が青葉賞学区の地名のルーツと由来になります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。