静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

ここに輪が出来ますように【ここにわカフェ】

静岡県焼津市中港3丁目。焼津市勤労会館、通称サンライフ焼津と呼ばれる施設をご存知でしょうか。会議室や温泉、ジムなどが併設されたこちらの施設に、2016年1月にオープンしたカフェ『ここにわcafe』をご紹介します。

温泉施設内の飲食店というと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか。お蕎麦やカレーがあって、お値段は安いけれどなんとなくパッとしないような……そんな印象をぼんやりと思い浮かべる方が多いのではありませんか?
しかし、ここにわcafeはそのイメージを覆すに余りあるオシャレスポットなのです。

DSC_5599

【ここに輪が出来ますように】

人が集まる場にしたかった、というのは店主の大河さん。「ここにわ」という名前にはそんな願いが込められています。
特に、子育てや仕事を頑張る女性を支援できるようなお店にしたいというここにわcafe。メニューや空間は、お子さんと一緒でも気兼ねなく利用できる、女性に嬉しい場所です。

ここにわcafeがあるのは、元々はサンライフ焼津内の食堂だったというスペース。そこで、新たに飲食店をやってくれる人を募集するというお知らせに大河さんが応募してスタートしました。
ご両親が40年近く焼津で喫茶店をやっていたという大河さん。その味を半分受け継ぎ、もう半分は健康を意識して作られたメニューは、手間ひまをかけて作られています。美味しくて安全なものを食べて欲しい、という優しい気持ちがいっぱいに詰まっています。

DSC_5794

人気は、自家製のハンバーグがメインの「ハンバーグライス(¥980)」そして「ロコモコライス(¥980)」。その日の朝に練ったタネを注文が来てから焼き上げるため、ふわふわの食感が楽しめます。香り高いデミグラスソースも手作り。
お食事メニューには、ミニサラダとコーヒーのランチセットが付きます。ミートソースやハンバーグ、ドライカレー、パンケーキなどをお子さん向けのサイズにした「お子様メニュー(各¥500)」も。小学校低学年くらいまでのお子さんを想定したボリュームになっています。

洋食の定番でお子さん人気の高いミートソースにもこだわりが。材料を刻み、なんと10時間以上も煮込んで作り上げるのだそう。
「外食ってやっぱり高いですよね。だから、お腹が空いている1口目だけじゃなくて最後まできちんと美味しいものを提供したいんです」
という大河さん。
「施設内にあるカフェには期待しないですよね。その悪いイメージを払拭したくて」
そのために、多くの人にここにわcafeを知ってもらおうと、焼津神社で行われるマルシェなどのイベントにも積極的に参加しています。ゆくゆくはシズオカカンヌウィークのマルシェへの出店も目指しているのだそう。

DSC_8436

コーヒーは、静岡市の「珈琲工房 すがの」さんによるオリジナル「ここにわブレンド」をその場で挽いてドリップします。これは、単品のコーヒーでもランチセットでも変わりません。
この時期に嬉しいアイスコーヒーはスッキリといただける酸味控えめのお味。

コーヒーとセットで欠かせないスイーツにも注目です。
「うちにはスイーツの天才がいるんですよ」
と大河さんが紹介してくれたのは、スコーンやケーキが評判だった焼津のカフェ「マーゴカフェ(現在は閉店)」の元店長さんだというスタッフさん。その腕に惚れ込んだ大河さんがスカウトしたのだとか。

DSC_5829

そんなここにわcafe自慢のスイーツは、女性の顔ほどの大きさのふっくらした「フルーツパンケーキ(単品¥680/珈琲セット¥880)」。たっぷりのクリームと季節のフルーツがどっさり乗っています。お友達やお子さんと分け合うのにぴったりのボリューミーなひと皿ですが、豆乳を使用し、砂糖の量をできるだけ減らすことによってカロリーは抑えめ。
安心して食べられるように、良いものを素材に使うようにしているのだそうです。

DSC_5684

【時間の流れがゆっくりになる場所】

そんなここにわcafeのお客さんたちは、大河さんの狙い通り、女性の方がほとんど。ランチやお茶をしに、お子さん連れのお客さんも多く訪れます。赤ちゃん連れでもゆっくり話せるということもあってか、中には3時間以上滞在されるという方もいらっしゃるというほど居心地の良いここにわcafe。

DSC_5707

ナチュラルな木の風合いがほっとする、素朴で落ち着く店内には、テーブル、カウンターの他に半個室のソファ席が。かなり奥行きのあるソファで、赤ちゃんを寝かしつけたり、広いテーブルを利用して講座を開いたりと様々な用途に利用できる人気のお席です。

DSC_5633

また、カウンター席にも注目です。青い畳が特徴的なこちらは、パソコンや携帯電話の充電ができるコンセントが完備。冬季には足元を暖かくしてくれる暖房が入ります。
「パソコンを持ってきて、勉強や仕事に使ってもらえればいいなと思って。個人店だと遠慮される方が多いと思うんですが、うちではぜひ」
という大河さん。正面の大きな窓からは明るい光が差し込み、カウンター席ながらもまったりできる場所となっています。

そんなここにわcafeの居心地の良い空間を存分に活かしたイベントも定期的に行われています。
特に人気なのは、静岡で活動するシンガー、森一馬さんのライブイベント。だいたい2ケ月に1回のペースで行われるこのライブは、大河さんが元々森さんとお友達で、以前から「お店でライブをやりたいね」と話していたのが実現したものなのです。
森さんのライブは焼津ではなかなかないということもあり、30名の定員は毎回キャンセル待ちが出るほどの人気ぶり。森さんのファンの方には毎回満足してもらえるのだそう。
他にも、食育セミナーやカラーセラピーの講座なども予定されています。

ここにわcafeは、サンライフ焼津内にあるということで、入り口に受付があり少しばかり入りにくい印象を持たれることがあると大河さんは言います。
「カフェだけの利用でもいいの?」
と聞かれることもあるのだとか。その答えはもちろんイエスです。入館料もかかりませんので、気軽に入ってきてほしいとのこと。

また、サンライフ焼津の温泉に浸かって、ここにわcafeで美味しいご飯とスイーツを楽しみながらゆっくりとする。普段お仕事や家事、子育てで忙しくしている女性の方が、たまにはゆっくりと癒されたいときにピッタリです。

DSC_5695

ついついいつまでも長居したくなってしまうカフェ、『ここにわcafe』。そこには、優しい時間がゆったりと流れています。
施設に併設されているカフェ、そんなイメージが一歩足を踏み入れた瞬間に塗り変わってしまうここにわcafeの空間。

ここに広がる輪、ここにわ。いつも頑張っているあなたを癒すカフェ。
ほっと一息つきたいときには、ぜひ訪れたい場所です。

【店舗詳細】

住所:〒425-0021
焼津市中港3丁目3-12(サンライフ焼津内)
TEL:090-5004-2204
営業時間:10:00〜17:00(ラストオーダー16:30)
定休日:月曜日(サンライフの定休日に準ずる)