バー1

ミントンは、イギリス発祥の陶磁器メーカーです。
銅版転写の彫刻師だったトーマス・ミントンによって1793年に創業されました。
2代目ハーバート・ミントンによって生産性・芸術性を高め、大きく飛躍します。
ミントンは豪華に金彩を施した食器を数々生み出し、世界で最も美しいボーンチャイナと呼ばれ、1840年ヴィクトリア女王より賞賛され、1856年から王室御用達となります。
戦後になるとミントンは、金彩を施したシリーズから一変し、1948年、デザイナーのジョン・ワズワースがハドンホール城の壁に掛けられていたタペストリーのモチーフをデザインした「ハドンホール」を発表し、ミントンの永遠の定番品として、その名を世界に知らしめることとなりました。
また、「ハドンホール」と同時期にデザインされつつも、採用とならなかった「ハドンホールブルー」が1993年に発表され、以後「ハドンホール」と並ぶベストセラーとなりました。

a バー1

オールドノリタケとは1800年代末から第二次世界大戦の終わりにかけて製造された、主にアメリカやイギリスに輸出された西洋磁器群です。
日米貿易のルーツ、そして我国の貿易立国への原点がこのオールドノリタケにあると言っても過言ではありません。
我が国でも近年その卓越した秀逸な手法が再評価され、美術工芸品として世界の陶磁器の中でも非常に高い地位を確保しつつあり、若者からの支持も篤いブランドです。
その華麗なる世界感は多くの陶器愛好家を魅了しています。

a バー1

ウェッジウッドは、「英国陶工の父」ジョサイア・ウェッジウッドによって創設されました。
精緻なレリーフで有名なジャスパーウェアをはじめ、クィーンズウェア、ブラックバサルトなどの名作が誕生したのち、つややかな白さと透明感に堅牢性をも兼ね備えた素地「ファインボーンチャイナ」が誕生しました。
きめ細かく輝く素地に鮮やかに映える絵柄や、洗練されたシェイプは実に多種多様ですが、その全てに伝統のクラフトマンシップが息づいており、「質の高いテーブルウェアをより多くの人に」というジョサイアのスピリットは創業当時から変わらずに受け継がれ、現在も多くの人々を魅了し世界の食卓を彩っています。

a