静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

退屈な日常に飽きたら。富士スピードウェイの体験走行

IMG_5434

「つまんねーなー、なんか面白いことないかな?」
なんて時に、友達が一言「すっげー面白いことあるよ!栃木にバンジージャンプがあって」と力説されたことがあります。

とても、”非日常的”で”刺激がある”と言えますが、恐れおののいてしまい挑戦には至りませんでした。
「一度バンジー経験しておくと、”火事”や”非常事態”に二階からスムーズに”飛び降り”れて生存率が上がるらしいよ」
などと、バンジージャンプの素晴らしさを聞いたのですが、今回は御殿場にある富士スピードウェイで車で非日常を体験してみました!

なんというか、こう、橋から飛び降りるほどではありませんが、法定速度関係なしにスピードを出せる空間は、非日常が体験できます。

富士スピードウェイの体験走行

東名高速道路の御殿場ICから車で15分。
F1のレースも行われるかの有名な富士スピードウェイがあります。
実はこのコースは、国内でも大きなサーキットの一つで走行会などでも参加費は1万円〜2万円以上します。

貸し切りはより高くショートコースが平日でも60万円以上、休日だと100万円を超える貸切料です。
それを数名〜数十名の参加者で割って皆で走るのが一般的なのです。

本来はライセンスが必要になるコースですが、富士スピードウェイの行っている体験走行を利用すれば、僅か2100円で愛車で体験走行を行えるのです!

スポーツカーはもちろん、ヴィッツでもフィットでも参加できます。
40人以上でぞろぞろ出発する体験走行ですが、少ない人数の場合は最高速度は150キロを超えるというサーキットでしか味わえないエキサイティングな体験です。

カップルで同乗しての走行もOKなので、彼女に良い腕を見せたい人もお勧めです。
公道と違って、グリーン(芝生)が用意されていて、もし失敗しても安全なのがサーキットの特徴です。

ディーラー開催の試乗会の恐怖

サーキット体験走行で楽しい経験をした筆者が味を占めてBMWジャパンが主催する、とあるM試乗会というイベントに参加したのですが、恐ろしい思いをしました。

大きな声で言えないのですが、筆者は昔(10代の頃)マツダのRX-7という車で、日本平でブイブイ言われていたような輩で車の運転には自信がありました。
ですので、体験走行でも全然物足りなく、直線では140キロどころか200キロ位は出したい!というアウトローな気分でBMWのM走行会に参加した次第です。

BMWのMというのは、特別なモデルで価格が1000万円〜1500万円と非常に高級かつハイパワーな仕様の車です。
なかでもM4やM6などは、世界最速GT-Rと喧嘩をできるくらいに凄まじい性能を誇ります。

そこで、その560馬力のM6を試乗会で思う存分発揮する事になったのです。
参考までに軽自動車は66馬力、ヴィッツは69〜100馬力程度です。
トヨタのスポーツカー”86”でも200馬力程度です。

余裕しゃくしゃくで乗り込んだM6で先導車を追っかけるのですが、この先導車が恐ろしく早く、まるでレーサーさながらの猛スピードです。
当たり前のように、コーナーで180キロ程度で曲がってゆき、体験走行で150キロで走行したストレートは、なんと先導車が推定270キロ。
筆者が乗ったM6はメーターが250キロを指しています。あまりに非日常過ぎて足が震えたのは言うまでもありません。
という、凄まじいBMWの試乗会の経験でした。

IMG_5443

可愛いレースクイーンに癒やされるイベントも

富士スピードウェイは走るだけでなく、スーパーGTなどレース・イベントでは可愛いレースクイーンを眺めたり写真で撮ったりできるイベントもあります。
こちらは、デートではなく絶対に一人で来ると良いですね!

たとえ既婚のお父さんであっても、可愛い女の子や美女を合法的にカメラに収めることのできる素晴らしいイベントなのです!

DSC_0094DSC_9983 DSC_9984

 

http://www.fsw.tv/index.html

というわけで、富士スピードウェイは刺激的でエキサイティングな体験ができます!!
まずは2100円の体験走行!日常を脱出するのに最適なイベントを静岡で体験できますよ!