静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡、ロケ地巡りデート。

poster2

静岡でイニシエーションラブを

静岡は食にアミューズメントに楽しむのなら非常に充実している県です。
。しかしこれは他県民からの意見で、内情は一日楽しめるデートスポットがあまりないのが現状です。

筆者も提案力が無いせいか、女の子を楽しませることが苦手です。

東に行けば遊園地や美味しいウナギにありつけたり、西には数多くの温泉があります。しかしそれだけでは何か物足りなく苦汁を飲んだ経験がしばしば。

さてそこで今回は、あまり思いつかない一日楽しめる新しいデートプランを提案します。

結論から述べると『映画のロケ地巡り』です。

映画は松田翔太、前田敦子主演のイニシエーション・ラブ。
最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。と謳われた事が話題の映画で実写化不可能といわれた小説です。

原作は、150万部を超えるベストセラーであり、物語の舞台は静岡市。著者の乾くるみさんが、静岡市出身、静岡大学理学部卒とあって、小説のなかには静岡市の地名や施設名が数多く出てきます。

私個人としては原作が好きで、各タイトルが実際にある曲名をモチーフにしているところが新鮮で好んでいます。

さて、それでは本編で登場する場所をご紹介します。

DSC_1161

【青葉通】

静岡のメインストリート、呉服町通りに垂直に交わる緑美しい並木道。左右のテナントにはオシャレな雑貨屋、美味しいごはん屋が数多く立ち並ぶ。
端のオブジェは数分に1度、不規則に転がり、休日には多くの家族連れで賑わう。
また、通りの脇には多くのベンチが設置され、ショッピングの休憩場所などにも利用される。

【常磐公園】

青葉通を西へ進んだ所にある公園。公園内の遊具も去ることながら、中央の噴水は圧倒的な存在感があり、デートスポットに使われる事が多い。
昼間と夜ではまるで表情が違うので、1つの場所で2度楽しめる場所となっている。

DSC_1158

【炉囲土 】

大人の創作居酒屋です。お酒を飲まない人でも食事メインでOK.
ボリュームが多く助かります。もちろん味や内装にも独特のこだわりのある、店主のセンスが光る名店です。
作中に出てくるのは「金ギョーザ」という点心のような食べ物。

【イタリアン DADA クラシコ】
静岡駅ビルパルシェに入って居るイタリアンレストラン。内装や家具は本場のイタリアを意識した作りになっており、落ち着いた雰囲気が味わえる。

【三保の海岸】

今や世界文化遺産構成資産の1つで非常に熱いスポット。週末は多くの観光客が押しかける。
名物の松の原から見える富士山はシンプルながら何とも幻想的。
絶対にはずせない撮影場所の1つだ。

【清水港】

毎日非常に多くのマグロが水揚げされる、全国でも屈指の水揚げ量を誇る漁港です。
近隣の飲食店が出す魚料理は絶品でお値段も非常に手頃です。
また、夜景のスポットとしても人気で、オススメです。

いかがですか。
ルートを決めればあっという間に一日が過ぎてしまい、物語の登場人物になれるような気持ちになるのではないでしょうか。(松田翔太や前田敦子に自分を投影し)是非ともお試しあれ。

 

イニシエーション・ラブ 公式HP
http://www.ilovetakkun.com/