静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県内、主要渋滞スポット

IP141006TAN000135000_20141007071244

静岡県の今を伝える万能ポータルサイト-静岡スタイル

この編集部は現在私と編集長、その他数名のアシスタントで構成されていますが、ここの編集長がとにかくせっかち!!
座右の銘を『急がば直進』とでも掲げておられるようなお方です。

まあ、かくいう私も極めてせっかちであり、何にでも前のめりになってしまいます。

そんな私達であるため渋滞なんて大嫌い!!

そのため車の運転は夜に行います。しかしながらそうは言ってられない会社員の方々。せっかちでなくても急いでる時なんかの渋滞は勘弁して欲しいですよね。

そんなもう、

渋滞なんてコリゴリと思う方々のニーズを汲み取り今回は静岡県の主要渋滞箇所をご紹介します。

【石原町交差点(浜松市南区石原町)】

国道1号線と国道150号とが交わるポイントであり、逆に渋滞が起きないわけがない妥当なスポット。
石原町 渋滞起きて 当たり前

【薮田東IC(藤枝市中藪田)】

主に下りの渋滞が顕著。合流、上り坂、トンネルと渋滞に成り得る負の要素が凝縮されたまさに、生き地獄のようなところ。ドライバーに心の余裕が無いと譲り合いの精神が欠け、更なる渋滞を生みます。また見通しは悪くありませんが、トンネル内での事故もしばしば確認され、一車線のため事故が起きたら車中泊を覚悟しましょう。←大袈裟

【長沼交差点(静岡市葵区長沼)】

国道1号線と流通通りが交差する箇所
片側3車線×4本の県内屈指の車の行き交う交差点で、夜間の死亡事故もしばしば。付近には静岡鉄道の踏切があることも渋滞の要因であり、特に交通量のある朝と夕方のラッシュ時は絶対に避けたいドライバー泣かせのスポット。
信号も大きな交差点の割には短いので中々前に進まない。気持ちだけが前に進んでしまうと事故の原因になるのでここは混むと予め思って通るのがベターでしょう。
尚雨天の日は終日渋滞します。

【庵原交差点(静岡市清水区庵原)】

見通しの良い片側2車線の道路ですが、いかんせん車の量が多い。それもそのはず。静清バイパスと旧国道1号線が交差するスポットが付近にあるからだ。ただし静清バイパスが全線片側2車線になったことで以前よりは渋滞が緩和。ここを通勤路とする働く男たちは、バイパス開通というマリアの訪れに涙を流したことでしょう。

【宮島東交差点(富士市宮島)】

富士バイパスの地獄の砦。日中はまだしも夕方は間違いなく混む名スポット。右左折する車が非常に多く、恐らくそれが渋滞の原因となるのだろう。

【江原公園交差点(沼津市東熊堂)】

静岡方面から沼津方面へと行く際、是非とも通りたくない場所。右折待ちの車が極端に多く、3車線の道路なのにいつも1車線のような気がする。
割り込みによる事故も多発しています。尚ここを嫌がる人は裏道を通り渋滞を回避しようとしますが、裏道は裏道で道幅が狭く、対向車が来たら通り抜けることに一苦労。
その分スピードが制限されるので、結果順当に1号を使った方がいいでしょう。
ちなみに私は高みの見物、高速道路を使用します。

さてドライバーの皆さん、少しは参考になりましたか。くれぐれも安全運転で行ってらっしゃい。