静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

長尾川にモクズガニ!

106494344_624

静岡市は葵区。葵区と清水区との境を流れ、霊峰、竜爪山を源流に持つ長尾川。

多くの生き物が住み地元では有名な川である。

そんな静岡県ではマイナーな川が全国ニュースで取り上げられた。
それは『モクズガニの大量発生』である。

例年この時期になると、長尾川ではモクズガニが見られる。
産卵のために上流から下流へと降りてくるのだ。

しかし通常およそ数十匹のはずが、今回は何と数万の単位で長尾川に発生しているようだ。

モクズガニといえば、体調はおよそ10cm未満。
日本各地で食用とされているカニで、あの上海蟹の同属異種である。
県内では伊豆半島や浜名湖周辺で捕獲され、郷土料理にもなっている。

海のカニとは違い独特の甘みを持つ卵巣は珍味として有名。
ただし、サワガニと同じように感染症を引こ起こす虫を持っているため、食べる際にはよく火を通さなければならない。
さもなくば肺気腫や気胸を引き起こす可能性さえある。

さてそんなモクズガニ、何故長尾川に今回こんなにも大量発生したのか。
それは気候が関係しているらしい。

最近は実に天気の良い日が続いており、雨などほとんど降らなかった。
しかしモクズガニはこの時期産卵を迎えるため何とかして下流に行かなければならない。
そんな時に久しぶりの雨。

長尾川は雨が降らない日が続くと干上がってしまい、先日の雨により川を取り戻した。
カニも砂利や石だけの道を進むより川に入り水の流れに乗った方が下流への旅が早いと読んだ。

ただしそう読んだのは一匹の頭の利口なカニではなく、ほぼすべてのカニなのだ。
そのためあんなにも大量に発生したというわけだ。

理由はともあれ静岡のローカルニュースが全国に向け放映されたので少しばかり口元が緩んでしまう私がいた。