静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

Men’s&Ladies Nanami

静岡市でちょっと良い、新しいお洋服を手に入れたい。そんなとき、おそらく多くのみなさんが静岡駅北側のいわゆる「おまち」へと足を運ぶのではないでしょうか。
しかし、今回ご紹介したい服飾店が軒を構えるのは、静岡駅南口方面。静岡駅南銀座にあります。
多数の企業がオフィスを構え、ビジネス街としても知られる静岡駅南の老舗アパレル店『nanami』を今回はご紹介します。

DSC_9000

【愛され続ける確かなセンス】

『nanami』の創業は今から94年前。紳士服の仕立てを請け負うテーラーとして始まりました。その後、生地問屋、既成スーツ店、バーバリーの専門店を経て、現在のセレクトショップという形態へと辿り着いたのです。これほどの歴史を持つアパレル店は静岡広しと言えどもなかなかありません。
静岡のオシャレな人々に愛されてきたnanamiのコンセプトは、良いブランドをセレクトしてお客さんへ届けること。取り扱う洋服はお手頃価格のものから上質なハイブランドまで多種多様で、
「こういったものが欲しい」
と言ってわざわざ足を運ぶお客さんも多く、ビジネスからカジュアルまで、幅広いニーズに応える品揃えも特徴です。

DSC_9084

【1から作る、自分だけの1着】

nanamiでは、セレクトされたブランド衣類はもちろん、出発点であるオーダーメイドも行っています。オーダーと聞くと、なんだかかしこまった高級品という印象がありますよね。確かにオーダースーツなどはかなり高価な衣服であると言わざるを得ませんし、フォーマルな場で着用するために仕立てるものというイメージが先に立ちます。

ところで、「ドレスシャツ」という衣服をご存知でしょうか。シャツは知っていても、「ドレス」という名称が付いていることで、ただならぬシャツではと少し身構えてしまうかもしれません。しかし、何のことはありません、ドレスシャツとは日本で言う「ワイシャツ」のこと。
(ちなみにワイシャツとは、「ホワイトシャツ」という単語が訛って、明治期に作られた和製英語です。)

ギャラリーはこちらから

このドレスシャツが、この時期、nanamiのオーダーメイドにおける1番の人気商品なのです。
元々テーラーであり、生地問屋でもあったnanami。ドレス(ドレスシャツの略称)を仕立てる生地は数え切れません。また、ボタンやボタンホールのステッチを彩る糸の種類も豊富。
自分好みの、世界に1着だけのドレスを作り上げることができます。
こう言われると、やはり肩肘張ったフォーマルなシャツのような気がしてしまいますが、nanamiのオーダードレスシャツはその印象を覆します。
ノーネクタイのクールビズが導入されるこれからの時期に向けた綿100%や麻混の生地で仕立てるサラリとした着心地のものや、デイリーに嬉しい形状記憶のもの、更にはチェック地のカジュアルなものまで、まさに多種多様。筆者が抱いていた、「特別な、フォーマルなもの」というオーダーメイドへの先入観はしっかりと打ち砕かれました。
こうした本当の意味で多様な、お客さん一人ひとりの要望に応えるオーダードレスは、長い歴史のあるnanamiだからこそ。

オーダーだからこそできる、自分だけのサイズ、生地、仕立て。
どんなシャツが自分に似合うのか、センスの良いスタッフさんたちと一緒に考えながら注文する、そして約3週間後の出来上がりを待つ、その時間も楽しいものです。
そうして作られた、どこにも売っていない、誰とも被らないドレスシャツにはどうしたって愛着が湧きます。その大切な1着が、必ずあなたの生活を豊かにしてくれるはず。

DSC_9025

【nanami流、トータルコーディネート】

現在、nanamiがメインで取り扱っているのはセレクトされたブランド衣類。商品をセレクトしているスタッフさんたちは、もちろんトータルコーディネートもお手の物です。

ギャラリーはこちらから

さて、筆者は洋服選びのセンス、こだわりともに欠如していることを自覚しているのですが、スタッフさんに恐る恐る尋ねてみました。
「私のようなものにでも似合うお洋服を選んでくださいますか?」
そんな問いに、スタッフさんは間髪入れず
「何言ってるの、もちろんよ」
と答えてくださいました。
nanamiでは、上から下までトータルでのコーディネートにスタッフさんが相談に乗ってくれます。

ということで、スタッフさんにこの夏に向け、読者の皆さんにぜひオススメしたいnanami流コーディネートを紹介していただきました。

nanami-2

まずは、30代以上の大人の女性に向けて、コーディネートの主役になるアイテム。
白地のボディに黒のレースで大ぶりな花柄を重ねた存在感のあるタンクトップは、「PRIDE」というブランドによるもの。ホワイトながら透け感のないしっかりした生地で、今年トレンドのガウチョやスカーチョといったワイドパンツを合わせれば、カジュアルでありながらキリッとしたかっこよさを演出できます。黒などのトーンがハッキリとしたパンツを合わせるのがポイントです。

nanami-1

20代の女性にオススメしたい可愛らしいコーディネートならこちら。
袖のないタンクトップタイプ、更にはカジュアル感のあるトレンドのデニム地ながら、前身ごろにふわふわのフリンジが施されたトップスはAラインでガーリーな可愛らしさ。こちらも先ほどのタンクトップと同じくPRIDE(9号/39000円)。
ボトムには細身のものを合わせて。ワールドのブランド「Air papel」の白のクロップドパンツは、ポリエステル82%、コットン15%、麻3%のサラリとした生地が夏らしい、脚のラインをキレイに見せてくれる一品です(7号/15000円)。

nanami-3

流行のベストを取り入れたスタイルもお手の物。「bells closet」のベスト(9号/16000円)は、夏にピッタリな麻100%の本体に、透け感のあるポリエステルの別布が裾にあしらわれています。丈の長い裾が風にひらひら揺れる様は主役級の存在感。
合わせるのは「CON ANIMA」のシンプルな綿100%の白Tシャツ(M/6500円)と「Bou Jeloud」のスカーチョ(フリーサイズ/6900円)。ベストと同じくたなびくようなゆったりシルエットのこちらは、ポリエステル95%、ウレタン5%の素材にウエストゴムで熱い夏でも楽ちんなボトムです。
更に「PRIDE」の大きなビジューとフリンジでボリュームのあるネックレス(14000円)に「EVEX by KRIZIA」の籠バッグを合わせれば、トレンド感のあるリラックスアーバンコーディネートが出来上がります。

nanami-4

1枚でスタイルが完成するワンピースのイチオシは、「SCAPA」の夏らしい爽やかな色味が印象的なこちら(9号/53000円)。明るい水色とペイズリー柄が華やかなイタリア製の生地を使用しており、上品さを醸し出します。
裏地であるアンダースカートは、キュプラ100%。キュプラとは、一般的な裏地に使われるポリエステルよりも通気性、吸水性に優れ、汗をよく吸う上にすぐ乾くという夏向けの上質な生地です。

nanami-5

メンズカジュアルでしたら、「LAURA FELICE」でのコーディネートがオススメ。白地にブルーの花柄が爽やかなシャツ(M/23000円)にインナーは白をベースにしたTシャツ(M/16000円)を。どちらも綿100%生地で着心地は抜群です。
花柄というとともすれば派手になりがちですが、ブルーの単色でデザインされた小さな花はシックな印象を与えてくれ、更に首元に巻かれたショール(8000円)が全体を引き締めます。
デニムでラフに、白パンツでキレイ目に、など合わせるボトムによってイメージが変わるコーディネートで颯爽とした休日スタイルの完成です。

nanami-6

お洋服以外のアパレル商品もnanamiではもちろん取り揃えています。
例えば靴。
何色も重ねられた深みのあるカラーに、遊び心のあるデザインが目を引きますが、見た目に反してどんなシーンでもマッチします。フォーマルからカジュアルまで、使い勝手の良い「FRANCESCO BENIGNO」の革靴(53000円)は、nanamiオススメのお品。
土踏まずのアーチがしっかりと足を包み込んでくれ、非常に履き心地が良いのも特徴です。

ギャラリーはこちらから

DSC_9419

プレゼントなどにも人気の腕時計は、他では見ないような珍しいブランドが。
イタリアから来たブランド「Ritmo Latino」。大ぶりな文字盤は、パッと見ただけで心惹かれるような華やかなデザインが施され、ドーム状に盛り上がったガラスがつやつやと光を受けて輝いています。
モデルによって44000円から180000円までと腕時計としてはお手頃な価格帯ながら、高級感と個性の漂うRitmo Latinoは、アクセサリー感覚でコーディネートを彩ること間違いなし。
時計好きはもちろん、そうでなくても一目で虜にするような魅力に溢れています。
ジローラモが広告塔となり、以前松嶋菜々子が着用していたということでも話題になりました。
高価なモデルにはカジュアルなラバーベルトがセットとなっており、他モデルも別売りでベルトの交換が可能です。ベルトを付け替えることで更に自分らしい個性を演出できますね。

DSC_9048

【上質な毎日は、上質な衣服から】

そんなnanamiでは、メンズ、レディースともにイタリアから国産まで幅広く取り扱っています。ファッション誌でいうなら、メンズは「Leon」や「サファリ」、「Men’s EX」、レディースは「Classie」など。
比較的落ち着いた大人っぽいアイテムが揃います。
20代の方にとっては少し背伸びをした印象のあるラインナップで、若者路線からシフトしたいときにピッタリです。

ギャラリーはこちらから
「そろそろ大人っぽい服装をしようかな」
とは思っていても、どこに行って服を買えばいいのかよくわからない、良い服を売っている店は敷居が高そうで……というあなた、ぜひnanamiの大きな扉を開けてみましょう。
自分らしさのある、上質なコーディネートを見つけることができますよ。

DSC_9456

普段の休日はカジュアルファッションばかりという方も、ここぞというデートでバシッと決めるお洋服を持っていたら安心ですよね。
とはいえ、どんな服を選ぶのか正解なのかは難しいもの。
そんなときは、nanamiの笑顔が素敵なスタッフさんにご相談を。

あなたの毎日をワンランクアップさせる、そんな1着に出会えるお店が『nanami』なのです。

DSC_9069

【店舗情報】

所在地:静岡県静岡市駿河区稲川1-2-22
TEL:054-282-0773
営業時間:10:00~19:30