静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

未来をシェアできる店【NEST焼津店】

【今、焼津がアツい!】

カツオの水揚げ量ナンバー1として知られる港町焼津。ふるさと納税額が全国で2位になったことも耳に新しいニュースですね。

そんな焼津の街が、今新たなデートスポットとして生まれ変わろうとしています。流行に敏感なみなさんの中には、「ちょうどこないだ行ってきたよ!」という方も少なくはないはず。

ということで、街のみなさんに聞いてみました。

「焼津でデートするなら、どこ行く?」

・お魚が食べたくて彼女と「さかなセンター」に行きました。意外と見て回るのも楽しいですよね(20代、男性)

・「焼津ディスカバリーパーク」のプラネタリウムにこないだ小学生ぶりに行ったけど、すっごいロマンチック!(10代、女性)


・休みの日は彼と一緒に「サンライフ焼津」のジムで汗を流して、その後温泉。リフレッシュしに行ってます。何より安価だし(20代、女性)


・おすすめなのは最近できたバー、「DENKICHI 1952」。居心地も雰囲気も良くて、しょっちゅう行きますね(20代、女性)

結果はこの通り。デートスポット焼津の若者人気が伝わってくる結果となりました!

そんな、デートにピッタリの街、焼津。挙げた他にも、様々なスポットが話題となっていますね。その中でも、20代のカップルを中心に、特に人気を博しているお店があります。

DSC_2552
【楽しさをシェアする】

それは、焼津の中でも賑わう通りにある「NEST 焼津店」。焼津市民の方ならば誰もが知っている雑貨屋さんですね。
2階建ての店舗は、1階が文房具や食器などを中心とした所謂雑貨屋、2階がアウトドアブランドを中心としたフロアとなっています。

フロアギャラリーはこちらから

どちらもこだわりの品揃えが魅力的ですが、まずはカップルにもオススメな、アウトドアグッズがズラリと並ぶ2階からご紹介しましょう。
CHUMS(チャムス)やKEEN(キーン)などをはじめ、多くのブランドの商品が揃う売り場には意気込みを感じますね。特にCHUMSには力を入れていて、静岡でもトップクラスの品揃えを誇っています。

DSC_2685

カツオドリ(通称ブービーバード)のロゴが印象的なCHUMS。アメリカ発のアウトドアブランドで、可愛らしく個性的なデザインとカラフルな色使いがとってもポップ。身に付けているとHAPPYな気分になれる、ということで近年流行している山ガールやフェスガールの中で人気が急上昇中!カジュアルファッションにスパイスを加える洋服や小物、雑貨など幅広く商品を展開しています。

取り扱いブランド紹介はこちらから

こちらNESTの担当バイヤーさんによるアイテムのチョイスは特に可愛らしいものがたくさんなので、今までアウトドアブランドはなかなか手を出しにくかった女性も気軽に取り入れやすいですね。ついつい手を伸ばしたくなるキレイ色のものが多く揃っているのも特徴的。
もちろん男性にもオススメです。差し色になるようなバックパックは、普段シックな色のコーディネートをしている方でもあまり気負わず使えるはず。また、一歩踏み出してカラフルでユニークなデザインのパーカーなどを着てみれば、晴れやかな気分で春の新生活をスタートできるでしょう。
また、若い女性は可愛い服を着ている男性が気になって仕方ない傾向にある(筆者調べ)ので、女性ウケもバッチリです!

DSC_2658

バックパックや小物など、ユニセックスに使えるものも多いので、彼氏と共有するのもオススメ!特にバックパックはアウトドアブランドらしい機能的なデザインとカラフルな色合いが両立しているので、男子も女子も満足できるはず。
パーカーのシェアなんかも、ボーイズライクなファッションが流行している今、試してみたいですね。

メンズ、レディースともにアパレル商品の品揃えが豊富なので、折角ですから互いの服を選び合うというのもいいですよね。普段、「異性向けのお店へ入るのはちょっと……」、「恋人を待たせるのが嫌で一緒に服を買いに行けない……」なんてあなたも、同じフロアで買い物ができるので、憧れのショッピングデートを楽しめちゃいますよ!

また、デートだけでなく、彼へのプレゼントを選ぶにもNEST 焼津店の2階フロアは大活躍です。静岡の「彼女」のみなさん、彼へのプレゼントはどこで、何を買いますか?
「普段メンズのお店になんて行かないから、どうすればいいかわからないよう……」
という声があちこちから聞こえてきそうですね。

定番のブランド物や高価なアイテムをデパートでポンポン購入できるなら苦労はしません。とはいえ、いくら大好きな彼のためでも、若いうちはなかなかそんな大金は払えないのが現状です……。

「でも、やっぱりちゃんと使ってもらえるものをあげたいな」
そんなあなたは、一度NESTへ行ってみましょう!センスのいい小物や雑貨は、プレゼントにもピッタリです。迷ったら気さくな店員さんに相談してみるのも手。

DSC_2703

もちろん、このフロアにはアウトドア用品も数多く揃っています。NESTで扱うアウトドアグッズは、スポーツショップやアウトドアショップと違い、少しゆるめでカジュアルなラインナップなのが売り。
本格派のアウトドアというよりは、比較的ライトなアウトドアでお役立ちなアイテムが多く揃っています。

これからの時期、そういったグッズの活躍する機会は目白押しですよね。
例えば、もう間もなくシーズンを迎えるお花見や、夏に向けて機会の増えるバーベキュー、近頃人気を集めているフェスなど。
そういったお出掛けプラスアルファの際にも、NESTへ立ち寄ってみましょう!

特に、焼津近辺には従来の「お弁当を持ってシートを広げる」ようなピクニック気分のものではなく、誰かとお散歩をしながら、話しながら、スマホで写真を撮ったりして楽しめるようなお花見スポットが多くあります。木屋川や瀬戸川のほとりの桜並木、焼津神社など。
朝早く起きてお弁当や飲み物を用意して、場所取りをして……といった手間を掛けずに春の訪れをシェアできる「ライトお花見」はSNSを利用する若者たちの間で静かなブームを起こしつつあります。

オシャレなアウトドアグッズを身に付けて、満開の桜を投稿しちゃいましょう!

また、NESTは吉田町で行われる「頂フェス」にも毎年ブースを出していて、フェスへの馴染みも抜群。
itadaki-1

今年(2016年)は6月4日(土)、5日(日)に開催される頂フェス。今20代のみなさんにとって「世代」のバンド、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」や「サンボマスター」、「くるり」をはじめとした人気アーティストが登場予定です。カップルや気の合う仲間とはもちろん、ひとりでも楽しめるはずですよ。
地元で行われるフェスなら初めての参加でも安心ですよね。ぜひ今年こそ参加してみませんか?もちろん準備はNESTで!

もちろんアウトドア以外の場面で役立つ商品も沢山。
多くのメディアで人気のスキレットや、様々な用途で使えるボトル類、美味しいコーヒーを淹れるためのグッズたちなど。コーヒー好きならグッと来ること間違いなしのサイフォンや直火式エスプレッソメーカーが並んでいるのには嬉しい驚き。

ズラリと並ぶ商品たちの中には、他にも気になるものが。筆者が思わず手に取ってしまったのは、多くのアーティストによるコースターサイズのイラストをリングで本のように綴じた、その名も「コースターブック」。一枚ずつペリッと剥がしてコースターとして使ったり、香水やアロマオイルを垂らして香らせたりと、アイディア次第で用途は無限大!今各所で話題のアイテムなんです。

このように、眺めているだけで話が弾んでしまいそうな楽しさと遊び心に溢れたフロアとなっています。

c
【未来をシェアする】

ここまで2階フロアばかりをフューチャーしていましたが、雑貨をメインとした1階フロアももちろんとっても楽しい空間です。
各担当さんたちがこだわって作り上げた品揃えは多種多様。

フロアギャラリーはこちらから

これからやってくる梅雨の時期に備えておきたいレイン用品も、折り畳みや晴雨兼用といった傘から、レインコート、一足は持っておきたいゴム製のレインブーツと全てが揃います。定番のシックなものから、カラフルで雨の日が楽しくなるようなものまでデザインも幅広く選ぶこともできます。

また、洋服やシューズといったアパレル商品も雑貨屋だからと侮れません。人気の高いクロックスやドイツメーカーのビルケンシュトックによる商品も、静岡のショップへ行かずとも手に入れられます。

もちろん食器や文房具といった雑貨屋らしい品揃えも豊富。雑貨屋というと、どちらかといえば女性向けの印象が強いですが、きっと男性も飽きないショッピングが楽しめるはず。

可愛らしい雑貨たちは贈り物にも最適で、共通の友人へのプレゼントを選ぶといったシチュエーションにも対応できます。「あれはどう?」、「いやこっちも……」なんて言いながらフロアをじっくり回れば、必ず素敵な品物に出会えますよ。
オススメの商品には担当さんが手描きのポップを付けてくれているので、もし迷ってしまったときにはそのポップを頼りにすれば大丈夫です。

オシャレなデザインと使いやすさを兼ね備えた食器や、可愛らしいベビー用品などをふたりで眺めながら将来をふと想像したりして……なんて、素敵な未来予想図を描くにも最適ですね。
カップルから、幸せな家庭を築いた後までの長いスパンで楽しめるような幸せがいっぱいです。

DSC_2505

更にNESTでは、食品も扱っています。輸入のものや、北海道などからやって来たようなものは、スーパーではなかなかお目にかかれません。お菓子やパスタなど、気になるものばかりですが、その中でも注目したいのが「ハーブティー」の品揃え。
ダイエットや美肌といった美容効果をはじめとして、花粉症への効果など、何かと話題のハーブティー。
「試してみたいけどどこで買えるのかわからない」
なんて方、朗報です。NESTで買えます。
効能がわかりやすい小分けパッケージのものがチョイスされているので、ハーブにそれほど詳しくない方でも気軽に試せるのも魅力です。正直に言って、ハーブティーは話題こそ先行していますがまだそれほどメジャーではない飲料なので、これほどの数が並んでいるところはそうそうないかと思われます。

また、特にNEST焼津店が力を入れているのが、入り口すぐ左手にある「暮らしの道具 松野屋」コーナー。日本のものを大切に使おう、というコピーの通り、古き良き日本をイメージさせる素朴な雑貨ブランドです。アルマイト製の食器や、トタンのタライ、セルロイドの筆箱といったラインナップは、現在若者を中心に注目を集めているのです。
そんな人気の松野屋雑貨を、静岡で一番多く扱っているのが、何を隠そうNESTなのです。レトロな雑貨に囲まれて、どこか懐かしいような気分に浸れます。

古いものを大切にして、新しいことを見つけるー。温故知新というワードは、焼津という街にも当てはまるのだとか。それまで培ってきた「港町」、「漁港」という歴史を強みにしつつ、新しい風を吹かせたい。そんな想いと懐かしの道具たちには重なるところがあるのかもしれませんね。

【春夏のドライブなら】

そんな、トレンドをしっかり抑えたスポット、NEST。その強みは立地にもあります。
「なんで?」と首を傾げる方も多いかもしれません。焼津というと、静岡の東西を繋ぐ主要道国道一号バイパスとは少し離れた場所。一見あまりアクセスが良いようには思えないでしょう。

しかし、ここで思い出して欲しいのが、静岡中部で春から夏にかけて人気のアクティビティたち。春は久能街道のいちご狩り、夏は言うまでもなく静浜海岸での海遊び。
それらは、静岡市駿河区と焼津を繋ぐ150号線の延長線上に位置しているのです。つまり、焼津は静岡の人気スポットの中間地点。

ここ数年で綺麗に整備された150号線は、楽しみも沢山!これまで焼津といえば、さかなセンターをはじめ「魚」という印象が強かったかもしれません。しかし、今焼津は新たなオシャレスポットとして注目の街。ちょっとした休憩にぴったりなカフェや、大人のデートにオススメなバーもどんどん増えています。
いちご狩りや海の帰りにちょっと焼津に、そしてNEST焼津店に寄ってみれば、一味違った楽しみが見つかりますよ!

DSC_2845

【NEST焼津店詳細】

所在地:〒425-0035  焼津市東小川6丁目6番地4
電話番号:054-626-7100
営業時間:10時~20時30分
公式HP:http://nest-mihoharaya.com/