静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

至福の和膳 極上のおもてなし 【岩市】

864718

国道67号線界隈。

静岡市葵区の追手町から清水区天神町まで伸びる県道67号線。通称北街道。
総延長11.6キロメートルのその道は古くから静岡市民が走行する主要道路の一つであり、その脇には多くの飲食店が軒を連ねている。

フランチャイズチェーンや古くからの老舗、新しくオープンしたオシャレな喫茶まで、それは様々であるが、本当に美味しいお店を知っているだろうか。

目を皿にしないと見つけられないようなひっそり佇むお店も有る中で今回ご紹介するのは北街道沿いにある飲食店の中で、トップクラスの味を誇る場所である。

thumb

お店の名前は「岩市」。

場所は沓谷。片側2車線の北街道に有るのにお店を見つけるのは至難の業。

向かえがどんぶりとうどんの外食チェーンの「なか卯」、回転寿司チェーンストアの「くら寿司」であるのでそれらを目印に来れば比較的容易に行けるだろう。

また、試練はそれだけではなく、お店の前の駐車場には2台の車しか置けないのである。
まさに来られる人を選ぶような気さえする。

試練を乗り越え中に入るとまさに割烹料理屋、創作料理屋のような雰囲気。
左手には4人掛けのテーブル席。
右手には8人ほどが談笑できる、同じくテーブル席。
正面にはセンスの光るカウンター。

どの席も清潔であることは言うまでもなく、程よい照明の落とし方なので心を休ませることが出来る。
スタッフは3名ほど。家族の暖かさが感じられる。
トイレにも個性が出ているので妥協のないお店づくりが伺える。

IMG_3369

さて、ここで余談。

私はあまりランチに出掛けることはないのだが、友人知人と行きたいお店があるのなら、まずランチに出掛けるといい。

ランチメニューの良いところは、値段が手頃で良心的。比較的お値段の張る飲食店でもランチであれば2000円ほどで提供してもらえる。

もちろん、だからと言って品質を下げているわけでは、到底無い。
静岡の街中でもよく耳にする《ランチ限定ワンコイン》というフレーズ。
これは500円で提供するということだが、これがOLにバカウケ。

たった500円でその店イチ押しのメニューが頂ける。

原価計算の出来ない消費者はお店がサービスしてくれてるのでは無いかとか、500円でも儲かるんだとか、そういったことを考えるだろうが本意はまるで違う。

ランチでこれだけ美味しいものが食べられるならディナーで来れば、もっと美味しいものにありつけるのだと思わせる。

言わばランチとはディナーに来てもらうための先行投資なのである。

そのためお店の方も気が抜けず価格は低く、品質は高いものを自らの腹を切り提供しているのだ。

IMG_3368

ランチで餌をまき、ディナーで釣る事ができるのが本当に美味い店、であるが前述の岩市がその最たる例である。

ランチはオススメの蕎麦遊膳で決まり!!

ふっくらご飯に歯ごたえがあり程よく香るそば、生姜のよく合う茶碗蒸しに出汁の味が染みた煮物。
新鮮なもずくに刺身、味付け焼き加減食感が絶妙のブリ。五目玉子にお漬物とおかずが盛り沢山の7種類。
どれも少な過ぎず、多過ぎずの程よい量で、もっと食べたくなるほど味も絶品。

IMG_3370

旨い飲み屋のお通しのような感じだろうか。

ランチの法則で言えばお投資とでも言おうか。とにかく美味い。
これでお値段なんと1400円。食後の甘味を付けても1600円。
これが2000円とか2500円で提供されていても何ら不思議ではないような感じさえする。

ランチでこのクオリティーなので、ディナーでは更に店主の腕が光るようなメニューの数々、豪華絢爛をお披露目している。

無論お値段は増すが、値段以上の美味さを提供している。

またこちらのお店は蕎麦と肉が人気という変わった割烹料理屋であるが、その季節にあった極上の物を惜しみなく出してくれるため、四季を感じさせてくれる、静岡市には数少ないお店なのだ。

私が実際にお店に行った時には大人の女性(40代前後)が話に花を咲かせていたので大人の女子会なんかにはぴったりのお店かも知れません。
無論恋人とのデートや記念日に訪れるのも最適です。

予算はランチなら2000円未満、ディナーであれば3500円ほど。

多少高くても味や品質、大人の雰囲気を、四季の味覚を楽しみたい方には本当にオススメです。

【遊菜巧房岩市】

住所:〒420-0816 静岡県静岡市葵区沓谷3丁目4−22
電話:054-293-4151
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
ランチ営業、日曜営業
定休日:月曜日
ランチ:1000-2000円
ディナー:2500-4000円