静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の桜の名所【西部編】

日に日に寒さも和らいできて春の訪れる今日この頃です。
春になればこれまで家に閉じこもっていた方も外出の機会が増えるでしょう。

春といえばやはり花見。
今回は静岡県西部地区の花見スポットをご紹介しましょう。

kuri

【栗ヶ岳】

掛川市の東部に位置する栗ヶ岳は普段からハイキングや山菜採りで訪れる人が多い山ですが、桜の季節になると、合計5千本のヤマザクラ、八重桜、ソメイヨシノが咲き乱れます。

春のお花見シーズンには山頂まで行く車で渋滞しやすいので、茶畑や街並みを見ながらハイキングをするのにもオススメです。
山頂からは太平洋や伊豆半島、南アルプスの大パノラマが伺え絶景を楽しみうことが出来ます。

場所:掛川市東山1050-1

kakejou

【掛川城公園】

平成6年に日本初の本格木造で天守閣が復元されたことで話題を呼んだ掛川城。

あっという間に20年以上が経ち、その際植樹された桜は小さくも逞しく育って城下町を彩っています。
屈指の造形美を誇る名城で日頃の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

場所:掛川市掛川1138-24

sakura

【桜ヶ池】

桜ヶ池は遠州七不思議の舞台となった場所。
池の三方を囲む原生林は県立自然公園に指定され、静岡県自然の森100選にも選出された名勝地です。

池を祀っている池宮神社は古くから開運厄除、延命長寿、大量満足、海上安全の神とされ信仰されています。
池の正面には綺麗な芝生で整備された広場があり、桜の季節になるとお弁当を広げて賑わう家族連れが多いです。

場所:浜岡町佐倉5162

takamatu

【高松神社】

国道150号線を東から西に走っていると、右方向にのどかな景色に似つかわしくない洋風の建物が飛び込んできます。

春になると、この静岡カントリー浜岡コース入口から高松山山頂、高松神社へ続く道には桜のトンネルが現れます。
高松神社が建立されたのは今から1500年以上も昔の話。
高台の社から誰にも邪魔されること無く太平洋を一望することが出来ます。

正面の参道にはいくつもの桜の木が覆いかぶさるように立ち並びます。
長い石段を少しずつ下りながら桜を鑑賞するのは粋そのもの。

場所:浜岡町門屋2068

tannoike

【丹野池公園】

丹野池は小笠町北部に位置し、牧之原台地へと繋がる緩やかな丘に造られた農業用の溜池です。
場所は県立自然公園に指定されている静かな山の中。
池はそこにこっそりとあり蒼く澄んでいるのが特徴です。

池の周囲をめぐる道路にはおよそ300本のソメイヨシノの並木が続き、反対側には牧之原台地の茶畑が伺えます。

車から降りて散策するも良し、車でゆっくりと走りながら美しい景観を楽しむも良し。
水面に映る桜が目に眩しいです。

場所:小笠町丹野

oohama

【大浜公園】

現掛川市、旧小笠郡大東町の高台に位置するこちらの公園は県立自然公園に指定された桜の名所です。

麓から山頂付近に続く道沿いにはソメイヨシノが数千本咲いており、見事な桜並木を作っています。

公園内から見渡せる遠州灘や、晴れた日には富士山や南アルプスも望め、素晴らしい景観を誇っています。

場所:旧大東町大坂

yokochi

【横地城跡自然公園】

菊川市南東に位置する横地城跡。
典型的な山城で現在でも以前の面影を残しており、城好きにはたまりません。

春には桜の名所として有名で、毎年桜祭りも開催されます。

公園のほとんどは、雑木林や茶園となっているため道幅はとても狭く、ハイキングなどにオススメです。

場所:菊川市横地

hiken

【火剣山】

標高282m。
菊川市の最北端に位置する火剣山には春には250本ほどのソメイヨシノが見られます。

展望台からは富士山や遠州灘も望め、迫力のある景色が楽しめます。
春になるとこいのぼりも空を泳ぎ、地元の人で賑わいます。

場所:菊川市冨田

kikugawa

【菊川公園】

菊川市の中央に位置する小高い丘、通称高田ヶ原。
ここは春になると頂上へ向かう山道から公園広場の周りに咲くソメイヨシノに誘われ、沢山の花見客で賑わい夜にはライトアップもされます。

頂上の展望広場からは茶処菊川市の町が一望できます。
丘の中腹にある常葉美術館は著名な芸術家の作品やシーズン毎に催しも開催されるので、美術ファンは是非行かれてみてはどうでしょう。

場所:菊川市堀之内

hattasann

【法多山】

言わずと知れた遠州三山の法多山は桜の名所としても人気を博しております。

桜の季節には約700本のソメイヨシノと樹齢およそ500年と言われる参道の杉並木が絶景を作ります。
桜の開花時期に合わせ、毎年祭りが催され、一層盛り上がりを見せます。

また夜間にはライトアップも行われ、夜桜も楽しめます。

場所:袋井市豊沢

tutuji

【つつじ公園】

磐田市の市営、つつじ公園の園内にはおよそ200本の桜が咲き誇っています。

2月には梅や水仙、3.4月には桜、4月中旬にはツツジも顔を覗かせ非常に見応えのある景観を作ります。
祭りは3月下旬から行われ、露店も出て多くの人で賑わいます。

野外ステージから北へと向かう山道は、両脇の大木が枝を広げ桜のトンネルを作り出します。

場所:磐田市見付

sakuma

【佐久間ダム】

佐久間ダムは高さ155m、長さ290mのコンクリートダムで浜松市の天竜区に建設されています。

その大きさと重みは周囲を大自然に囲まれながらもずっしりとした存在感があります。

そして春になると、ダム周辺にはソメイヨシノが咲き並びます。
ダム湖を取り囲むように満開の桜が緑に映えます。

山深い景色の中で、ダム湖と調和した桜の花は、またひと味違った風情を楽しませてくれます。

場所:浜松市天竜区佐久間町

okuni

【小國神社】

遠州の小京都と謳われる小國神社は、年間を通して様々な花が咲き乱れます。

新緑が美しい頃には桜やミヤマツツジ、シャガなどが目を楽しませてくれます。

神社の脇を流れる宮川沿いのソメイヨシノの並木は見事で門前からの眺めは心を奪われるほど美しいです。

境内の手水舎の横には枝垂桜が花をつけ、森林浴を兼ねてあたりを散策すれば、桜の中で、身も心もリフレッシュ出来ます。

場所:森町一宮

tobayama

【鳥羽山公園】

南には遠州平野、北に明石山脈を望み、眼下には雄大な天竜川が流れる景観に非常に優れた公園です。

春になると、通称千本桜と言われる桜が園内を贅沢に包み込み、山が桜の冠を頂いたように見えます。
ソメイヨシノをはじめとするオオシマザクラ、ヤマザクラ、八重桜など多くの桜が顔を揃えます。

夜間は夜桜も楽しめるようにライトアップが施されます。

場所:天竜区二俣町

hamamtu

【浜松城公園】

浜松市役所に隣接する浜松城公園。
ここにはソメイヨシノを中心に、およそ400本以上の桜が公園の至る所に植えられております。

浜松市の中心街の中で最も賑やかな桜の名所として知られています。
中でも浜松城天守閣周辺の桜は見事です。

もちろん、場内へも入ることが出来、上から見下ろす夜桜もまた格別です。
昼間は家族連れがお弁当を広げ、夜間はライトアップされた中での花見に最適です。

場所:浜松市元城町

flower

【フラワーパーク】

浜松市の西部。
舘山寺温泉入口には静岡県の観光名所であるフラワーパークがあります。

広大な敷地を誇るフラワーパークの園内の道沿いにはおよそ180品種、1500本にものぼる桜が植えられています。
品種はヒガンザクラにソメイヨシノ、八重桜などで見頃は2月中旬から4月下旬までとその開花時期が長いことでも知られています。

色鮮やかな桜の脇には、こちらもまた色鮮やかな花が咲き誇り、目を楽しませてくれます。

場所:浜松市舘山寺町
以上が静岡県西部地区の厳選お花見スポットです。

桜は散るのが早いことで日本人の心をぐっと掴んでいます。
儚い様子が日本人の風情に共鳴するのでしょう。

もたもたしていたら桜は散ってしまいます。
お花見は早く行かれることをお勧めします。