静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~井宮・井宮北小学区~

pez_2089_tp_v

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。

静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。
しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。

そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『井宮・井宮北小学区』を特集します。

両学区は薩摩土手の北方へ続く、安倍川の氾濫原で江戸時代に入ってから開かれた新田地帯です。

明治22年の市町村制施行で、松富ほか8つの村で南賎機山が出来、明治42年、その内南半分の安西井宮他三大字を分割して市域に編入させ、残部は北賤機村と合併して賤機村を形成しました。
両学区はほぼこの時の残部に相当しています。

【籠上の由来】

今の井宮町の辺りを、古くは籠の鼻といい、その北側に隣接していたため籠上となりました。

籠の鼻の意味ですが、当時安倍川が現在の市街地を流れていた頃、賤機山の裾を直撃する水流を和らげるために蛇籠を並べたと言い、その先端部分を籠の端と呼んだといいます。

【平和町の由来】

籠上の西隣の町で、旧称籠上新田、昭和40年現町名に改称したようです。
平和を願っての命名であることは言わずもがなです。

安倍川の氾濫原で江戸時代に至ってから開発された新田です。

【辰起町の由来】

大正13年に大字安西の一部で創設されました。
町名は旧称の辰起新田によります。

今でこそ「たつき」と読んでいますが、昔は「たつおき」と言っていたようです。
恐らく辰の年に開かれた新田という意味からこちらの町名になったので、正確には「たつおき」が正しいような気がします。

【昭府町の由来】

旧称は松富下組で昭和41年に現町名となりました。
松富下組は以前通称菖蒲ヶ谷と言われていました。

もともと駿府の町を水害から守るために湛水地帯として竹林を設けていたようですが、薩摩土手が出来て不用になったのを新田として開いたようです。

菖蒲や水草などが多かったので自然と菖蒲ヶ谷と呼ばれるようになりました。また一説では闘鶏を行い勝負を占ったのが地名の起こりだとも言います。
現在の漢字になったのは、以前の菖蒲と昭和の元号を合わせたようです。

【秋山町・堤町・伊呂波町の由来】

いずれも昭和41年に伝馬町新田、与一右衛門新田の一部を分割して新設された町です。

安倍川の氾濫原で江戸時代に至り、安倍川の流路が固定された後、開発された新田です。

第二次世界大戦後に急速に発展を遂げた町でこれらの町名は旧来の小字名を用いたものと思われます。

【美川町の由来】

美川町は伝馬町新田の一部を持って昭和58年に作られた比較的新しい町。町名は住民アンケートにより選ばれました。

【与一右衛門新田の由来】

100年間ほぼ手をつけていなかったまぐさ場を安西井宮村の名主、興津与一右衛門が請け負って新田としたのでその名前がそのまま町名となりました。
以上が『井宮・井宮北小学区』の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』