静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~三番町小学区と新通り小学区~

100817_0916

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。
静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。

しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。
そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『』をまとめて特集します。

番町は武家屋敷の代名詞であってこれは全国どこの城下町でも共通していることです。
この学区の三番町~八番町もまた、時期はごく短いですが、武家の町であったことは間違いないようです。

この学区にはお寺やお宮というものがないのが特徴です。

【三番町~八番町の由来】

駿府には明屋敷と称する地域があり、それを明治初期に番町と称するようになりました。
もともと漢数字で場所を示しておらず南と北とで分けていましたが、市制施行により現在の町名となりました。

【柳町の由来】

安西外新田の一部と安西五丁目の一部を合わせて新設した町です。
町名は堤防(土手)の柳から発想されたものと思われ、この辺りが低湿地であったことを物語っています。

【新富町の由来】

安西内新田の大半と安西四丁目の一部を合わせ新設した町です。
縁起が良いとのことで付けられた町名です。

『新通り小学区』

東海道の道沿いに西方へと形成されていった町々と、その南方の旧安倍郡豊田村大字川辺とからなる地区です。

「川辺」はかつて藁科川や安倍川が現在の市街地に幾筋もの支流を張っていたことを示す地名です。

【本通の由来】

本通は東海道の意味です。
通町とも呼ばれていました。

慶長の町割りで新通が設けられたため、本通は東海道の裏街道的な存在となっていましたが、昭和初期に安倍川橋に直結するよう路線変更がなされ、300年あまりを経て再び”本通り”的な機能を取り戻しました。

【大鋸町の由来】

難読地名で「おおがまち」と読みます。
木挽き(製材)を生業とする人達が住んでいたのが町名となりました。

大鋸とは製材用の大きいノコギリの事です。
武家に屋敷を与えるに当って、この街の木挽き職人たちを新通川越町に移住させ、そこを新通大鋸町都称しました。

現在の大鋸町は静岡戦災後に行った区画整理により西寺町、上大工町、本通五丁目の各一部を編入しています。

【通車町の由来】

明治の戸長制度が設けられた時、初めて通車町の名前が記録に見えますが、おそらく以前からそう呼ばれていたようで、従来の車町に対して通り町(本通)方面の車町ということで、そう呼ばれるようになったようです。

明治の市制施行の時にはこの町名が正式に記録されています。

【新通一丁目の由来】

慶長の町割り(都市計画)で本通りに並行して新たに設けられた本街道のため新通りと言います。

元々は一丁目から七丁目まであり古文書によると、一丁目は旅籠町、二丁目を新通大工町、三、四丁目を馬喰町、五、六丁目を笠屋町、七丁目を大鋸町としていたようですが、現在の新通一丁目はそれまでの一~四丁目の全部及び五丁目を持ち改称しました。

【双葉町の由来】

駒形本町の一部と木花町の大部分と芳町の一部を区画としてできた町で、町名は、木の花に対して双葉(新芽から初めて出る葉)という発想に基づいているようです。

【常盤町三丁目の由来】

昭和に常盤町二丁目、神田町、川辺三友町、駒形通一丁目の各一部で設けられた町です。
もとになった町名はいずれも大字川辺を分割して出来た町です。

こちらにある時は公園は元々寺町というところで、ここにあった多くの寺院が静岡大火や静岡大空襲の区画整理により大部分が沓谷花園霊園へ集団移転し、その跡地にできた公園です。

【川辺町一丁目、二丁目の由来】

区画整理により新設された町です。

一丁目は駒形町の大部分、神田町、桜木町の一部で、二丁目は神栄町を母体に周辺各地の一部を合わせて設けられました。
町名である川辺町と言うのは、旧村名川辺村にちなんでいます。

川辺村とは寺町裏から南西方に広がった水田地帯で大正期まで泥田が多く農家もごく僅かでした。

【天王町、吉野町の由来】

大字川辺の一部を分割できた町です。この一帯は俗に「天王田」と呼ばれており町名はそこから名付けられました。

元々一丁目、二丁目が有り一丁目と二丁目の一部と神栄町の一部を合わせて天王町とし、二丁目の一部と永楽町、橘町とで吉野町を新設しました。吉野町の町名の由来は明らかにされていませんが、おそらく縁起の良い語感によって出来たとされています。

【駒形通一丁目~三丁目の由来】

大字川辺の一部で新設されました。

当初は七丁目までありましたが、区画整理により六丁目までとなりました。
町名の由来は町内に鎮座する駒形神社にちなんで付けられたようです。

【桜木町、西門町の由来】

ともに大字川辺の一部を持って新設されました。桜木町は駒形三丁目の一部、西門町は三友町の一部をそれぞれ加えました。

桜木町の名前は、昔川辺に大きな桜の大木があったためかと思われ、西門町は宝台院の西裏門に当たるので、この町名となりました。

【宮元町の由来】

大字川辺の一部が宮本町となりました。
当初は一丁目と二丁目とに分かれていましたが、現在は無くなりました。

町内にある神明神社の宮本というのでそれが町名となりました。
学区内でここだけが国道一号線及びJR東海道線の南側に位置しています。
以上が『三番町小学区』と『新通り小学区』の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』