静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~田町・駒形小学区~

採用橋の上

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。

静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。
しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。

そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『田町・駒形小学区』を特集します。

両学区は安倍川辺りに帯状に広がる区域で、大部分は江戸時代の初期、薩摩土手が築かれたことで開発された新田地帯です。
両学区のほぼ中央を本通りと新通りが横切り、その北側を田町小学区、南側を駒形小学区としました。

街道沿いの町々は町としての成立が古いですが、それ以外の町は大正期まではほとんど人、家もない田園地帯でした。

【田町二丁目~七丁目・南田町の由来】

もともとは安西外新田と呼ばれた水田地帯。
江戸時代初期に安倍川の流れを変えるために薩摩土手を造ったことのより開拓された新田です。

田の町ということがそれを何より顕著に示しています。
外新田を耕地整理して出来たのが南田町です。

【本通九~十丁目・本通西町の由来】

江戸時代初めまでの東海道の本通りに沿うようにあった町です。

十丁目はもと本通川越町、西町はもと堤添川越町で、ともに安倍川渡しの川越人足が住んでいた町です。

古く安倍川や大井川などの大河には架け橋や渡し船などが許されず、肩車など、人により川越しをさせていました。

川越しの手配や監督は川庄屋が行い、その詰所を川会所といいました。
安倍川においては、弥勒と手越に設置され、旅人はここで川札を書い川を渡っていました。

双方には100人ほどの人足が在住していたようですが、大名などが通るとそれでも人手は無くなるので、農民などを臨時で出動させていたようです。

【幸町の由来】

本通りの北裏にあたる町で、もと本通裏町と称していたのを、町民の幸福を願って「幸い」の字を用いました。

【上新富町・新富町四丁目~六丁目の由来】

薩摩土手の内側に開拓された安西外新田の大半、下組と呼ばれた区域に造られた町です。
大正13年に新富町として新設され、昭和3年に分割されました。

【新通り三丁目・川越町の由来】

江戸時代の新通り沿いには新通一丁目~七丁目と新通川越町とが順に並んでいました。
川越町には安倍川の川越人足達が住んでいたことでその名が付きました。

駿府の川越町は新通の他に、本通沿いに本通川越町、堤添川越町と合わせて三ヶ所ありましたが、それぞれ後に町名を変えてしまったために、新通の川越町だけが、その町名を残して発祥の歴史を現代へと伝えています。

【弥勒一丁目・ニ丁目の由来】

「みろく」と読み、静岡市民でも分からない人がいるほど難読な地名です。
弥勒は、安倍川越で駿府に出入りする際の出入り口です。

安年間山伏の弥勒院と言う者がいたようで、源右衛門と名乗り安倍川の川岸で餅を売りました。これが安倍川名物の「安倍川餅」の始まりであり、店の名を「みろく茶屋」と言いました。

のちに源右衛門は駿府町奉行に願ってその付近を開発した後、弥勒町を設けたといいます。
これが住居表示で整備され、一丁目と二丁目となりました。

【清閑町・寿町の由来】

どちらも大字川辺の一部で新設された町であり、縁起を担いだ命名とされています。

【南安倍一丁目~三丁目】

駒形と弥勒を分割した際の残部に新設された町です。
江戸初期の安倍町、安倍川町に対して南安倍と命名されました。
以上が田町・駒形小学区 の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』