静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~安倍口・足久保・松野小学区~

採用3

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。

静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。
しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。

そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『安倍口・足久保・松野小学区』を特集します。

安倍川中流の右側地域で、旧安倍郡美和村の村域にあたります。
明治22年に牛妻他左側地域は北賤機村を結成し、右側地域12個の村で古くからの郷名を受けついで、美和村を結成しました。

安倍口小学区にある四つの新田は、いずれも江戸時代、安倍川原を開いたものであります。

【西ヶ谷の由来】

集落から見て西の方角に谷口があるため、それがそのまま地名となったようです。
江戸時代、柳新田を開いて名主をつとめた西谷氏の祖先は、西ヶ谷に住んだ今川氏の将であったといいます。

【内牧の由来】

はるか昔、馬の牧(牧場)が置かれたところです。
「ウチ」という地名は伊勢神宮の内宮(皇太神宮)を祀ったことによると言われ、谷間の奥の別所にあった十五像神社の前身がそれであったと言われています。

【幸庵新田の由来】

内牧の谷の出口、安倍川岸の芝地に開かれた新田です。
慶長15年に内牧の馬別所の住人、竹内幸庵が開拓、移住したので、その名がそのまま地名となりました。

【与左衛門新田の由来】

江戸時代、駿府の町年寄を勤めた豪商、友野与左衛門が、安倍川岸の芝地を開墾して設けた新田です。

【安倍口新田の由来】

徳川家康が駿府城に居た頃、志太郡相川村から相川善七ら7人の農民が移住して開拓した新田です。

善七の墓は内牧の結成寺にあり、この付近には相川姓が多いです。
安倍口というのは安倍川の流れが賤機山西麓辺にあったころ、駿府から安倍山中への入り口に、この村があたっていたためであります。

【遠藤新田の由来】

戦国時代末期、山梨県から落ちのびてきた武田氏の旧臣、遠藤伝左衛門正忠が開いた新田です。

天目山で最期を遂げた武田勝頼は、妹の於市の方を逃がすため、家臣3人にクジを引かせました。
当たったのが正忠で、主命に従って、於市をめとり、駿河安倍の郡の中ノ郷村まで落ちてきて、同村地先の安倍川原を開墾しました。

当初は遠藤原と言われていましたが、その子、五郎太夫の時から遠藤新田と称しました。
遠藤氏の子孫は、今でもこの地で栄えているようです。

【藤兵衛新田の由来】

羽鳥村の豪農、石上藤兵衛が開いた新田です。
藤兵衛は本名を長隣(ながちか)と言い、20歳で羽鳥の名主、36歳で安倍郡中総代を務めました。

【中ノ郷の由来】

美和郷の中央部であったため、この地名がついたと言われています。

【足久保口組・足久保奥組】

足久保川に沿う地域です。
下流の低地を口組、上流の渓谷部を奥組と言いました。

久保は窪地形から出た地名のようです。
式内社の足抔神社の抔の字が窪に変わったという説もあります。

【油山の由来】

鉱泉(温泉)の湧き出す山間の地であるため油山の地名となりました。
油は石油ではなく、「湯」の意味で、静岡市の山間部には油野(玉川)、油島(賤機、大川)など、同じ意味の油のつく地名が多くあります。

【松野の由来】

松野という地名は昔、一面に松が生えていて、その景観から自然とそう呼ばれるようになったようです。

【津渡野の由来】

津渡野という地名を分析してみると、津は港で渡し、わたしを意味しています。
従って、ここに安倍川中流の川港があったと思われます。

川港から丘へと上がれば広々とした野原があります。
まさに地名ぴったりの土地柄であります。
以上が『安倍口・足久保・松野小学区』の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』