静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~『大里西・中島・大里東小学区』と『大谷・久能小学校』~

ブログ『イチゴ狩り』

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。

静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。
しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。

そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『大里西・中島・大里東小学区』と『大谷・久能小学校』をまとめて特集します。

これら3学区は旧大里村の村域の大部分にあたります。
高松低地をはじめとして、安倍川氾濫原の低地帯であり、川、原、瀬、島などの付く地名が、安倍川との結びつきを如実に物語っている。

【新川の由来】

昭和41年の住居表示で新設した町です。
桔梗川の下流のあたる地域なので、川の字を町名に取りました。

桔梗川は家康の在城時にキリシタン1000人もの首を切った時の血が流れて、桔梗の花の色に川の水が染まったからそう呼ばれたとか、紺屋町の紺屋から、藍の絞り水が流れて桔梗色に染まったとも言われています。

【津島町の由来】

昭和51年の住居表示により、大字中原の一部で新設した町で、町内にある津島神社に町名の由来となりました。

【西中原の由来】

昭和51年の住居表示により新設下町です。

【緑ヶ丘の由来】

昭和51年の住居表示により新設した町です。
町名は第2次世界大戦後、この地に住み始めた人々によって用いられていた通称をそのまま公式採用としました。

【中原の由来】

江戸時代から中田七村の一つとして村を形成していました。

安倍川の氾濫原に開かれた水田地帯で、村名はそれによるものと、中田七村のうちの原という意味だとも言います。

【見瀬の由来】

こちらも江戸時代から村を形成していました。
安倍川の支流がこの辺りを流れていたことを物語る地名であります。

三瀬、見世とも書きました。
室町時代に起きた洪水の際、この辺り一帯が冠水し、最初に地面が見えたので、それがそのまま地名になったとも言います。

または、安倍川原の微高地に出来た3つの瀬のある村だから名付けたという説もあります。

【中野新田の由来】

江戸時代に安倍川原を開いて設けた新田です。
薩摩土手の外側にできた土地です。
遠江の人達が入植したと言われています。

【中村町の由来】

こちらも中田七村の一つと言われ、江戸時代から中村と称していました。
昭和39年に大字中を改称するにあたり、中町とすべきところ、すでに中町があったため、中村町と決定されました。

【西脇の由来】

ここも江戸時代から一つの村としてなしていました。

西島に隣接することから西脇と呼んだと言い、また、安倍川べりの西端の村の意味であるとも言えます。
やはりこちらも中田七村の一つでした。

【中島・下島・西島の由来】

安倍川下流の低湿地で、出水時には付近が冠水し、これらの村々は島状を呈していました。
西から中島、西島、下島となっており、方位は関係していませんが、それは次のように説明されます。

下島は上島(現在の中田あたり)に対しての地名で、その下島の西隣が西島であり、中島は安倍川の川中島であったことによります。

【高松の由来】

中世には高松郷と言われ、江戸時代には高松、宮竹、敷地を合わせて高松三ヶ村と呼ばれていました。
宮竹と敷地は現在も大字として使われています。

広い低湿地帯に水田が広がっていましたが、大規模な団地なども出来、急速に市街化を進めました。

《大谷・久能小学区》

両学区は昭和9年、市に合併した安倍郡大谷村、久能村の村域に相当します。
両村は、有度山の西麓、南麓に形成された集落で、いずれも江戸時代、久能山東照宮の神領という特殊事情を持ち、密接した関係にありました。

東照宮と大谷、久能の人々との関係は、単に年貢を納めるという結びつきだけに留まらず、参詣という形で、駿府や周辺の土地との交流が深く、参道にあたる根方街道、久能街道沿いに街道集落の成立を促したのであります。

【大谷の由来】

江戸時代の大谷村は久能山東照宮の神領で、片山、宮川、大谷の三村を大谷三ヶ村と総称しました。
また、大谷をさらに三つに分け、片山、宮川と合わせて大谷五ヶ村とも言いました。

大谷の地名はしばしば「大屋」とも記録されていますが、この一帯の集落が有度山麓の谷地から発祥したためではないかという説もあります。

古文書によると、以前は「会星郷」と記されており、会屋などと誤記され、会が音の近い大に変化したのではないかと推理しています。
ちなみに現在も有度山を隔てた根古屋に会星沢(えぼしざわ)という字名が残っています。

【片山の由来】

もとは大谷村の支村で有りました。
江戸時代には一つの村としてありましたが、その後大谷に編入、昭和49年に復活しました。

【宮川の由来】

片山と同様、大谷村の支村で昭和49年に大字となりました。
大谷一帯は古くから陶土を産することで知られ、ここにいた陶工達が移住して陶器づくりを伝えたといいます。

【西平松・中平松の由来】

平安時代につくられた平松村が分かれて西平松、中平松、青沢の三ヶ村になったといい、江戸時代にはそれぞれ独立していました。

この辺りは駿府への塩の供給源で、今も塩畑(中平松)や塩場(青沢)などという地名が残っています。
それを町に売りに行くのは女性によりまかなわれていたようで、その後、この塩売りは芋や野菜なども一緒に売るようになり、この曵き売りのリヤカーが何台も並んで通る久能街道の朝夕はラッシュアワーのような賑やかさだったと言われています。

この状態は昭和30年頃まで続き、この女性たちは「塩売りおばさん」と呼ばれ市民に愛されていました。

【青沢の由来】

今は「あおざわ」と読みますが、以前は「あおいざわ」と読み青井沢と書いていました。

かつては西平松、中平松と合わせて1つの村であったようですから、物理的には「東平松」にあたるようですが、東隣の古宿村との境に沢があり、そこから「葵(あおい、ワサビの意)」が採れたのが村名の由来のようです。

ところが後に久能山の神領になったので徳川家の家紋「葵」を村名とするのは恐れ多いということで、青沢と改められたようです。

【古宿の由来】

青沢の東隣の地区です。
古宿、もしくは元宿などという地名は新しく開けた宿に対して、もとの宿場町であることを意味しますが、こちらの場合は、かつて宿場が存在していたとは到底考えられません。

おそらく根古屋と同様、久能山城、あるいはそれより古い久能寺に関連する地名と思われますが、定かではありません。

【安居の由来】

「あご」と読みます。
アゴは「網子」で、漁師の集落を意味するといいます。

しかし、「安居」は「あんご」つまり僧侶の座禅修行をさすので、久能寺との関連でこの地名が付けられたようです。

【根古屋の由来】

根古屋は本来「根小屋」という城郭用語の一つで、山城の麓に建てられた附属の建物を指します。
地名として残ったものは全国的に見て「根古屋」という方が多いようです。

江戸時代は貧しい土地柄で、「海はあっても漁はなし、百姓あっても田地なし、河原あっても水はない」と”三無し村”などと言われていました。
しかし大正期に入ると、石垣イチゴの栽培が成功し、日本の代表的な促成栽培地帯に変貌を遂げました。

以上が『大里西・中島・大里東小学区』と『大谷・久能小学校』の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』