静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の地名の由来~西豊田・東豊田小学区~

護国神社

東西南北に大きく広がる静岡県。その地名は非常に多くあり、また変わった地名も数多く存在します。

静岡在住の方であれば、仮に難読な読み方をする地名も簡単に読めるでしょうが、他県の人からすれば頭を悩ますことでしょう。
しかしその地名のルーツや由来となった事柄に関してはほとんどの人が分からないのではないでしょうか。

そこでその地名に決まるまでどういった経緯があったのかについて地域別にご紹介したいと思います。

今回は『西豊田・東豊田小学区』を特集します。

概ね旧安倍郡豊田村の村域にあたります。

この辺りは谷津山と有度山の間に開けた穀蔵地帯で、曲金には古代の遺構もあり古くから米どころとして知られていました。
豊田の地名はそうした歴史的背景を汲み取り命名されました。

【豊原町の由来】

昭和7年、大字南安東のうち、字前ヶ崎を母体に新設した町です。
旧村名豊田村の一字を取り、豊かな稔りを祈願し命名したようです。

【曲金の由来】

直角に曲がった金尺のように、整然と水田が区割されているところから地名になrimasi。あるいは古文書に掲載された「真壁郷」が「マカネ」、「マガリカネ」と転じたのだという説もあります。

ここは鎌倉時代の初め、正治元年、鎌倉を追われた梶原景時が一族が駿河武士団の待ち伏せに遭って戦った場所とも言われています。

【豊田の由来】

前述しました通り、曲金、小黒、小鹿などの一部を合わせて新設した町です。
旧村名を受け継ぎこの名が付けられました。

【柚木の由来】

古くは谷津村と称したと言われ、庵原郡谷津村と紛らわしいため柚木谷津と改めましたが、いつのまにか柚木だけになってしまったようです。
谷津の地名で示されるように谷津山のふもとの谷地であります。

【宮前町の由来】

昭和22年、大字柚木の一部で新設した町です。
護国神社の門前にあたるため、宮前と名付けられました。

《静岡県護国神社》

明治維新以来、国事に殉じて靖国神社に祀られた静岡県下の英霊を祀った場所です。

明治32年に静岡県共祭招魂社として北番町に創設され昭和14年に静岡県護国神社と改称、現在の場所に移されたのは昭和17年です。
一度静霊神社と改称されましたがその後再び現在の名前となりました。

【長沼の由来】

昔、安倍川の支流が運んだ水が、この辺りで沼を作り、後九川と大谷川にはけていきました。
その影響で、曲金は以前渡し船が出ていたようです。

現在でもこの辺りを一メートルほど掘り進めると、草炭(水草等が炭化したもの)の層に突き当たると言われています。

江戸時代から明治の初めまでは東海道を挟んで北長沼村と南長沼村に分かれていました。
長沼の地名は鎌倉時代、ここを領していた長沼五郎政に因んだもののようです。

【小黒の由来】

小黒の地名の由来は明らかにされていません。
「駿河国新風土記」は往古の「小枌御厨(おくれみくりや)」が転化したものではないかと言われています。

あるいは「クロ」という地名はしばしばスミやヘリを意味しますので、谷津山の尾崎(狐ケ崎)のヘリという説もあります。

宝永4年、富士山の噴火と同時に湧き出したと言われる「富士井戸」があり、これを沸かして浴すると、あらゆる病に効くと言われました。

【小鹿の由来】

有度山の屋根のかけての緩やかな傾斜面を、古くから小鹿原といい、日本武尊ら大和朝廷の武将たちが狩猟を行った名残であると言われています。

有度山の斜面には原始古代の人々が住み着いて、狩猟生活を行い、やがて稲作が始まるに連れ、静岡平野の低湿地へ移動したものと考えられています。

【池田の由来】

かつては安倍川の支流が谷津山で分流し、長沼から聖一色、池田方面には沼地が広がっていました。
水草の茂った湿原では舟による運搬も行われていたようです。

沼の水は後の後久川と大谷川とによってはけていきました。
池田はそうした地勢を示す地名です。

【聖一色の由来】

荘園時代に「一色田」があったのではないかと言われています。
「一色田」とは、年貢、公事などの租税の内、一種類だけを領主や国家に納め、他は免除される土地のことを言います。

「ヒジリ」については古文書によると、一色川の堤防を村人が「樋(ひ)」と呼んでいること、樋の上にある日吉神社は「神名帳」に載る樋地祠(ひじし)神社が後世誤られたと思われることから、樋の後方、すなわち「樋後」が「聖」と転じたのではないかとされています。

また、一色田には、神社など、その所有者の名をもつ場合があるため「樋地祠一色」がもともとの土地名であったのかも知れません。

【栗原の由来】

旧東海道を東へ行くと、長沼の次にあるのが、栗原村でありました。
東海道がふもとにかかって、やや高くなっているところで、栗の木の原が広がっていた時代もあり、それがそのまま地名となりました。

【国吉田の地名】

こちらは府中(静岡)と江尻(清水)の宿の中間の間の宿でした。
宿の間とは、旅人が昼食を取ったり、休憩したりするための茶屋が並ぶところで、宿と言っても宿泊は禁じられていました。

ここは東海道五三次のうちの吉田宿(現、豊橋)になぞられて小吉田とも言われていました。
隣接する中吉田とともに、平沢に源を発する吉田川の流路に当たり、水の豊かな吉田であったのが地名となりました。

【中吉田・谷田・平沢・弥生町の由来】

いずれも旧清水市に属されていましたが、昭和33年に静岡市に編入されました。
中吉田は国吉田と隣り合っていますが、何を持って中とされたのかは不明です。

谷田は文字通り、谷地に田が開かれていった土地ですが、一説には、この付近の有度山の麓には矢に適した竹が多く生え、矢竹山と呼んでいましたが、その後天田山に変化し、そのまた後谷田へと変化したという説もあります。

中之郷は、何れかの郷の中心地だった時代があったのだろうと言われていますが、郷名ははっきりしません。

平沢は吉田川の源流部にあたる山間の地です。
俗に、吉田川の源の沢が山の中の平らな畑から湧き出すところから平沢の地名になったと言いますが、「ヒラ」はおそらく全国に分布する地名と同様、カケ地や傾斜地をさすものであるとされます。

【恩田原の由来】

昭和49年の区画変更により大字大谷、小鹿の一部で新設されました。

地名は小字名を用いましたが、恩田という地名はしばしば「オンデン」、すなわち隠し田につけられるもので。ここもそういう性格の土地であったのかもしれません。
現在も水田が広がっている平地です。

以上が『西豊田・東豊田小学区』の地名の由来・ルーツになります。

あなたの住んでいるところは有りましたか?
自分で調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
参考文献

飯塚伝太郎著
長倉智恵雄補筆
『しずおか町名の由来』