静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県の日本一

静岡が世界に誇るものといえば…そう富士山。

見てよし、登ってよし。描いてよし。撮ってよし。
山梨県との領土問題が未だに解決しませんが、静岡県民からすればどうしても譲れないものの一つです。

しかし静岡県の魅力はそれだけではありません。

西に行けばモノづくりが盛んですし、東に行けば観光産業が目立ちます。

駿河湾で穫れる魚は絶品で由比漁港の桜えびは、うっとりするほど色鮮やかです。
ただ今回は、皆さんとは少し違った角度から、意外と知らない静岡県の日本一をご紹介します。

IMG_2919

【日照時間日本一】

気象庁HPによると、「全国気候表」に掲載されている主要154観測地点における日照時間の平年値は、御前崎市が2230.6時間で全国1位となっています 。
また、浜松市が2207.9時間で全国3位となっており、静岡県内の観測地点が上位にランクインしています。

そのため静岡県は【太陽の都】などと呼ばれることがあります。
日照時間は主に農作物等への影響が大きいと言われておりますので、静岡県はお茶やみかん、その他お野菜の出荷量が多いことが納得できます。

また日照は近年、人体への影響もあると言われ、日照不足はうつ病や骨粗しょう症に繋がると言われております。
温暖で過ごしやすい静岡でいつまでも元気に生活したいものです。

p2526_2

【ギネス公認、世界一の花時計】

伊豆市土肥の松原海岸公園にあるその時計は見る人を圧倒させます。
直径31メートル、時針の長さは8.8メートル、分針は12.5メートル、秒針は10.8メートルの長さを誇り、平成4年に世界最大の花時計としてギネスに認定されました。

文字盤には土肥の特産「白びわ」と波がタイルで表現され、その周囲をパンジー、サルビア、マリーゴールド、ニチニチ草など四季の折々の草花一万本が彩ります。
外周には健康歩道が設けられ、裸足で歩くことにより第二の心臓といわれる足裏を刺激され、健康増進が図られます。

また夜にはイルミネーションが施され、幻想的な世界を演出してくれます。カップルで行くもよし、女の子同士でも非常に盛り上がることのできるスポットです。

おまけに駐車場(夏季有料)もあるので助かります。

さてアクセスですが、東名高速沼津IC→国道1号(バイパス)→国道136号(三島立体交差)→伊豆中央道(有料)→修善寺道路(有料)→天城北道路→国道136号を土肥温泉方面へ 75分 です。距離的には少々ありますが、交通量も比較的少ないのでドライブを楽しむことも出来ます。
土肥に伺った際には是非足を運んで頂きたいスポットです。
【所在地】
〒410-3302伊豆市土肥2657-6

伊豆市土肥観光協会HP
http://www.toi-annai.com/