静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県立美術館で過ごす休日

bijyutukan

静岡の散歩デートで一番人気の県立美術館

心地よい風の中、けやきの森には多くの野鳥が訪れます。
先月まで盛り上がりを見せた桜の木々も緑に色づき、色々な動物が顔を見せる美術館。

静岡駅から車で20分、静岡県立美術館駅からは散歩で散策できる、この美術館は市内でも人気の散歩コースです。
また高級住宅街や県立大学が近くにあるので、上品な奥様からジョギングする年配の方までふれあいの場にもなっています。

bijyutu_a

 

”モダン”がテーマとなっている県立美術館のエントランスは、20年程立ちますが未だ色あせること無く、現在の美術を色濃く飾っています。

プロムナード(散歩道)と名付けられた道には、作家による芸術作品が所々に飾られ、森林の中を散歩しながら、その素晴らしい作品とふれあうことができるのが特徴です。
中程にはサーカーグラウンド4つ以上とも思える、大きな広場があり休日には小さな子どもや家族連れでも賑わう憩いの場所にもなっています。

toori

プロムナード

このプロムナードは駅から美術館に続く1本道ですが、所々道が分かれていたり県立大学に向かう道や図書館に通ずる道など分岐しているのが面白く、散歩に最適です。

背の高い木々が生い茂っているため、日差しが木漏れ日になって足元を照らし、日々の疲れを癒してくれます。
学生の場でもあるので、ベンチでトランペットを練習する姿や、木々をスケッチする姿など、文化的な休日を過ごす人も多々観かけます。

bijyutdoori

市内の公園では珍しい野鳥の数で、春から夏場に行くと一日中美しい彼らの声で癒され自然のBGMとして景色に溶け込みます。

他にも野良猫たちが気ままに散歩していたりと、のどかな広い公園になっています。
県立美術館周辺には動物病院があり、住宅街でペットを飼っている家庭も多いので、リードを繋げて犬を散歩する人たちにも出会う事ができます。

bijyutukanue

 

右手には美術館、左手には県立中央図書館があります。
中央図書館は大きな書庫を持ち、歴史的な資料から国外から寄贈された国際資料まで幅広い書籍が保管されています。

定期的に内容の変わる美術館展ではイタリア展や、伊藤若冲の百花繚乱展、草間彌生の展示など有名な作品が飾られることがあります。
常設のロダン館では、かの有名な「考える人」が展示されており、この作品は遠くからでも来る価値があります。

意外な事に、美術館にはレストランが併設されており日本平ホテルの系列ということもあり、美味しい本格的なランチを楽しむこともできます。
価格も手頃なので、公園でゆったり過ごし、美術館で展示品を鑑賞した後にぴったりです。

まだ訪れた事がないのであれば、是非とも美術館周辺は訪ねる価値があると思います。

静岡県立美術館|Shizuoka Prefectural Museum of Art
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/