静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

【東部編】雨でも楽しめるデート、観光スポット

待ちに待った週末、明日は大好きなあの子とデート(観光)。
しかし怪しい空模様。

デート当日が雨、もしくは雨だと分かった時の絶望感は凄まじく、多くの人が経験したことでしょう。
しかし、ここ静岡県は雨の日でも楽しめるデート、観光スポットがいくつもあります。

今回はいざという時のために、雨でも楽しめるデート、観光スポットをご紹介します。

 

top_jewelrycrafts_mainimg_2

・伊豆高原アンティークジュエリーミュージアム

19世紀から20世紀にかけてのイギリス、ヴィクトリア時代のアンティークジュエリーが数多く展示され見ている人に感動の時間を与えます。
ヨーロッパの愛した輝きをその目で感じ、心に響くようなジュエリーの深みを体感できます。

館内に入る際にはルーペを無料にて貸し出しているので、当時の繊細さを極めた細工技術とデザインの素晴らしさを鑑賞頂け、優雅な一時を実感できるでしょう。

外にはガーデンもあり、天気の良い日には屋外でゆったりした時間を楽しむのも良いでしょう。

所在地:〒413-0232
静岡県伊東市八幡野1030-63
営業時間:9:30~17:00
(ご入館は16:30まで)
休館日: 第1・第3火曜日・祝・祭日・8月は休まず開館
入場料金:大人¥900
中高生¥700
小学生¥500
電話番号:0557-54-5566

http://www.antique-museum.com/

naibu
・伊豆オルゴール館

世界中より収集したオルゴール120点が展示されている施設です。
オルゴールにはリラックス効果やストレス軽減効果、免疫力向上などの効果もあり極上の癒やしと安らぎの時間を過ごすことが出来ます。

毎日決まった時間に行われる定期演奏(午前:9:20、10:20、11:20午後:12:20、 13:20、 14:20、15:20、16:00 )はまさに圧巻で、息を呑む様なハーモニーを楽しむことが出来ます。
時間によって使うオルゴールも異なるため、それも見どころの一つとなっております。

またオルゴール体験工房では、曲とケースの選択が出来、あなただけのオルゴールを作ることが出来ます。

所在地:〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1191-1
営業時間:午前9:10 ~ 午後4:30
※入館は午後4:00まで
休館日:年中無休
入場料金:大人860円、小中学生430円
電話番号:0557-53-0900

http://www.izu.fm/

photo45
・ワイルドスミス絵本美術館

ワイルドスミスとは、1930年、イギリスはヨークシャー州出身の画家で色彩を華麗に操ることから「色彩の魔術師」として称されていました。
自分の人生のほとんどを子供のための絵本作りにあて子どもたちの感性が発達する事を望んでいました。
そんな絵本作家の作品を収集したのがこちらの美術館です。

作りは南仏プロヴァンス地方のアトリエを模しており、伊東にいながらフランスの景観を楽しむことが出来ます。
中には絵本以外にもポスターや学生時代のデッサン、映画の原画やキャンバス画など数多く展示されています。

展示スペースにもこだわりがあり、ワイルドスミスが愛したグランドピアノと作品たちが共演していたりもします。
ワイルドスミスが絵本を通して子どもたちに伝え続けている愛と希望のメッセージを心ゆくまでご体感ください。

所在地:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-2682
営業時間:10:00-17:00(最終入館16:30)
休館日:毎週火曜日、水曜日
入場料金:大人1000円、中高生800円、小学生500円、幼児無料

http://www.metm.co.jp/

koganezaki-crystal-park_06
・黄金崎クリスタルパーク

1997年にオープンした、現代ガラス(主に1960年代以降に広まった、自由で独創的なガラス芸術のこと)専門の美術館です。

国内外の優れたガラス作品を収集・展示する一方で、独自のテーマによる企画展を、定期的に開催しています。
常時40点ほどの作品がある展示室の中には自然光が入る作りとなっており、ガラスと光の融合はまさに圧巻、ハットするような美しさがあります。

施設内にはミュージアムのほか、ショップや体験工房、レストランもあるので一日中楽しむことが出来ます。

所在地:〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町Ugusu, 2204−3
営業時間:9時00分~17時00分
休館日:年中無休
入場料金:大人(高校生以上)800円、小人(小・中学生)400円、幼児無料
電話番号:0558-55-1515

http://www.kuripa.co.jp/

211xNx00004329.jpg.pagespeed.ic.-klKLvjkgB
・池田20世紀美術館

日本ではじめてのステンレススチール張り の美術館で外観からも見る人を圧倒します。

中には20世紀に制作された絵画・彫刻で《人間》をテーマとするものを中心に 1400点ほどの現代アートの数々が展示されており、1階展示室では3ヶ月に1回特別企画展を行います。

ピカソやダリ、ミロやシャガールなどの非常に貴重な絵画の数々も所蔵されており、遠方からも多くの人が足を運びます。
また絵画以外にも彫刻なども展示され圧倒的な存在感が味わえます。

嬉しい事に中には喫茶も完備されており、ほっと一息出来る空間もあります。

所在地:〒414-0052 静岡県伊東市十足614
営業時間:9:00〜17:00
休館日: 毎週水曜日(祝日の場合は開館)但し、7月・8月・年末年始無休
入場料金:一般1000円、高校生700円、小中学生500円
電話番号:0557-45-2211

http://www.nichireki.co.jp/ikeda/

Shimoda-Kaichu-Suizokukan
・下田海中水族館

伊豆・下田の豊かな自然にかこまれ、伊豆のきれいな海をそのまま生かした水族館です。

館内には以下7個のイベントや施設があり非常に魅力的です。

《ウミガメ池》

こちらの水族館に入り、まず最初にお出迎えするのがカメ達。ウミガメの仲間は世界に約8種類いますが、こちらではアカウミガメとアオウミガメを飼育しています。 特にアカウミガメは近隣にある下田周辺の砂浜に、毎年産卵のためにやって来ます。
水槽の中で悠然と泳ぐ大きなカメは見ているだけで落ち着きます。

《アクアドームペリー号》

アクアドームペリー号は、総排水量1,300トンの船です。この中には水量600立法メートルの大水槽があり、伊豆の海の再現をテーマに50種4,000点もの生物が生活しています。
またこちらでは海藻の飼育にも力を入れています。海藻は他の生物への酸素の供給、産卵場所、隠れ場所また餌にもなる無くてはならない欠かせない存在なのです。

《海上ステージ》

こちらで飼育されている2匹のカマイルカの織りなす大ジャンプや回転技などには会場を沸かします。
他にもアシカショーやペンギンショーなど1日に何度も行われるので見応えがあります。
お客さん参加型のコーナーもあるので飼育員の気分にもなれます。

《アザラシ館(アザラシ池)》

ゴマフアザラシたちが優雅に水槽内を泳いでいます。
餌の時間になるとそれまでとは違い俊敏に陸上へと上がってきます。
給餌の際はトレーナーが生態や姿、かたちなどをわかりやすく解説してくれます。

《ペンギンプール》

360度全方位から見ることが出来る展示プールです。
展示スペースで気ままに暮らすフンボルトペンギンたちを、触れるくらい近くで見ることが出来ます。
1日に2回催されるペンギン餌付けショー(10:30~、14:30~) 、ペンギンと記念撮影、ペンギン餌やり体験 が人気です。

《海の生物館シーパレス》

伊豆の海に生息する多種多様な生物250種類1500点の生物たちが展示されています。
ハナギンチャクや子ザメ、タカアシガニやウツボが観察できる珍しい施設です。

《イルカとのふれあい》

自然の入り江をそのまま利用しているふれあいの海では、バンドウイルカが自由に泳ぎまわっています。
そんなイルカたちと一緒に遊んだり、泳いだり出来ます。

所在地:〒415-8502静岡県下田市3-22-31
営業時間:9:00~16:30
休館日:平成27年12月15日〜18日
入場料:一般2000円、小人1000円
電話番号:0558-22-3567

http://shimoda-aquarium.com/

izoo8ao8acf90v
・体感型動物園 iZoo

CMでもうお馴染み!!
ライオンもキリンもいない日本初の爬虫類、両生類が中心の体感型動物園です。

爬虫類でけでも300種類、1500匹も展示されており、圧倒的な存在感が有ります。
日本初の試みということで遠方から多くの人が足を運びます。

ヘビやトカゲ、ニシキヘビとの記念撮影、ゾウガメの背中に乗って記念撮影などが人気です。

所在地:静岡県賀茂郡河津町浜406-2
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
休館日:年中無休
入場料:大人(中学生以上) 1500円、小人(小学生) 800円、幼児(6歳未満) 無料
電話番号:0558-34-0003

http://izoo.co.jp/

en8
・富士花鳥園

一面に広がる色とりどりの花、あちこちから聞こえる鳥たちの楽しそうな声。花に囲まれて癒しの時間を過ごすもよし、鳥たちとふれあって楽しい時間を過ごすもよし。花や鳥たちと共に過ごすひと時が、あなたの身も心も癒してくれます。

富士花鳥園は、全天候型の空調ハウスの中で花や鳥の展示、バードショーを行っているので、雨の日はもちろん、暑くて過ごしにくい真夏、寒くてお出かけを全力で楽しめない真冬も、年中いつでも快適です。

富士花鳥園では、32種類ものフクロウ・ミミズクをはじめ、ペンギン、エミュー、ロリキート(インコ)など、多くの鳥たちが飼育されています。
中でも、フクロウの数が圧倒的に多く、その数32種100羽もいます。ここでしか見られないフクロウなんかもいます。

またバードショーは子供も大人も大興奮。1日5%の時間しか活動しない珍しいフクロウバードショーを楽しむことが出来ます。

思わずため息が出るほど美しい花々もあり見ている人を飽きさせません。
どこを見渡しても一面花・花・花の空調ハウスの中は、まるで天国のようです。

全天候型の空調ハウスで育成しているので、1年中いつでも満開の花を楽しむことができます。 毎日がピークです。
レストランもある複合施設ですので1日中楽しめます。

所在地:〒418-0101静岡県富士宮市根原480-1
営業時間:[夏期]4月1日~11月30日 9:00-17:00(入園受付締切16:30)
[冬期]12月1日~3月31日 9:00-16:30(入園受付締切16:00)
休館日:なし
入場料:大人1100円、小学生550円、幼児無料、シニア880円
電話番号:0544-52-0880

http://kamoltd.co.jp/fuji/

001
・クレマチスの丘

花、美術館、食をテーマにオープンした文化複合施設です。

【花】

庭園内には、さまざまな品種のクレマチスが四季折々に咲き誇り、一年を通してクレマチスの魅力をお楽しみいただけます。

その日その時表情を変えるクレマチスは息を呑む程美しく、それだけで芸術作品かのようです。

一角に、アンスンエンシス、アーマンディー、白雪姫、白万重、アルバ・ラグジュリアンス、カイウなど、数々の白花のクレマチスを集めたホワイトガーデンがあります。ホワイトクレマチスが主役のガーデンは日本唯一です。

【美術館】

美術館は4つほどあり、

ヴァンジ彫刻庭園美術館は、イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの、世界で唯一の個人美術館として オープンしました。
ヴァンジの彫刻を常設コレクションとし、それらが展示棟並びに庭園のなかで風景と調和しながら点在しています 。

ベルナール・ビュフェ美術館は、戦後の具象画壇を代表するフランスの画家ベルナール・ビュフェの作品を収蔵・展示するために、岡野喜一郎(1917-1995)によって1973年11月25日に創設されました。

収蔵作品数は油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本、ポスター等あわせて2000点を超え、世界一のビュフェコレクションを誇っています。

この他フォトミュージアムや井上靖の作品など多く存在します。

【食】

レストランはイタリアン、ピッツァ、日本料理、カフェの4種類があります。

中でも日本料理テッサンの富士山溶岩焼きしゃぶはここでしか味わえない楽しみがあります。

所在地:〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
営業時間:10:00 – 18:00 (4〜8月) 時期によって異なります。
休館日:全施設 / 水曜日(祝日の場合は開館、その翌日休)年末年始
入場料:入場料は美術館にとって異なります。詳しくは公式HPをご覧下さい。
電話番号:(055)989-8787

https://www.clematis-no-oka.co.jp/

MOAabout_moa02
・MOA美術館

熱海の高台にあり、創立者の「熱海にも世界的な美術館を建設し、日本の優れた伝統文化を世界の人々に紹介したい」との願いを継承し 造られた施設です。

ただし自然豊かな場所にあっても、中は非常に現代的造りの数々で驚きます。

展示室やミュージアムショップ、レストラン、さらには「能楽堂」や「黄金の茶室」(復元)を有する本館。茶の庭の「一白庵」、尾形光琳の屋敷を復元した「光琳屋敷」、「樵亭」「唐門」「片桐門」など見どころ満載で1日中楽しむことが出来ます。
コレクションは日本絵画、中国絵画、日本陶磁器、中国陶磁器他、漆工、金工、染織、彫刻、書跡等非常に豊富にあります。

またMOA美術館は現在、国宝3件、重要文化財65件、重要美術品46件を含む約3500件を所蔵していることでも知られています。

とにかく敷地面積が広く、近未来的な造りなので美術館巡りが苦手な方でもきっと楽しめるような施設です。

所在地:〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2
営業時間:9時30分~16時30分まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週木曜日(祝日の場合開館)、平成27年2月2日・3日
年末 12月25日~12月31日
年始 平成27年1月5日~9日(元日~4日までは開館)
入場料:一般: 1,600円、高校生・大学生 :800円、シニア(満65歳以上)1,200円
中学生以下: 無 料
電話番号:0557-84-2511

http://www.moaart.or.jp/

image_1
・沼津港深海水族館

光の届かない深海、そこにはどんな生物がいるのか、実はほとんどわかっていません。
沼津港深海水族館では、そんな深海の魅力にワクワクしてもらえるような工夫して展示しています。

来る人を楽しませる12種類の展示スペースが確保されています。

①浅い海・深い海:異なる種類なのに、似ている生物、同じ仲間なのに、まったく違う姿の謎多き生物が展示されています。

②ヘンテコ生き物:動きがヘンテコ、形がヘンテコ、生態がヘンテコ。面白い生物を世界中から集めています。

③光の海:光の届かない深い海に生きる宝石サンゴが展示されています。

④深い海可愛らしい生き物や、チャーミングな生き物など、ユニークな深海生物を紹介しています。

⑤駿河湾:代表的な駿河湾の生物たちを紹介しています。

⑥深海の光:深海に生息する発光魚が美しく漂っています。

⑦シーラカンスが出現した古代の海・シーラカンス遊泳映像:コモロの深海に暮らす2体の剥製シーラカンスが海中で泳ぐシーンを再現しています。また世界で初めて撮影されたシーラカンス遊泳映像も見られます。

⑧生物の進化:巨大なシーラカンスの魚拓のほか、さまざまな企画展示を開催している部屋です。

⑨研究室透明骨格標本:深海生物を中心に多くの透明骨格標本を展示しています。今大人気のダイオウグソクムシの透明骨格標本も見られます。

⑩深海の世界:CGを使った深海の映像や深海についての詳しい解説、さらに多くの深海生物を展示しています。

⑪冷凍シーラカンス:世界でも希少な冷凍個体を展示しています。立体映像も再現し迫力があります。

⑫ミュージアムショップ :シーラカンスや大人気のダイオウグソクムシやメンダコなどの深海生物、ここでしか購入できないキャラクターグッズやお菓子などを販売しています。お土産に是非どうぞ。

所在地:〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83番地
営業時間:通常営業時間 10:00〜18:00(8月は19:00まで)
休館日:年中無休(保守点検のため臨時休業の場合あり)
入場料:大人(高校生以上)1,600円  こども(小・中学生)800円  幼児(4才以上)400円
電話番号:055-954-0606

http://www.numazu-deepsea.com/

museum
・奇石博物館

「奇石」とは読んで字の通り“奇妙な石”のことで、 普通の石とはちょっと違った石のこと です。
それらが常時1800点ほど展示されています。入り口でまずそれらの説明を丁寧にしてくれます。

エリア内には

①化石エリア

②奇石エリア

③詩人や童話作家として有名な 宮沢賢治さんのエリア

④誰もが惹かれる宝石エリア

⑤幻想的な光る石エリア

などが設けられており、普段はあまり考えないであろう石についてまた違った見方が出来るようになるかもしれません。

また施設内には万華鏡やクラフト作り、キャンドル作りが楽しめる体験コーナーなどもあります。

所在地:〒418-0111 静岡県富士宮市山宮3670
営業時間:9:00-17:00
休館日:水曜日(祝日の場合は木曜日) 12月24日~12月31日 1月19日~ 1月23日
入場料:大人700円、小中高生300円、幼児無料
電話番号:0544-58-3830

http://www.kiseki-jp.com/

 

以上が雨でも楽しめるデート、観光スポットとなります。
考えただけで楽しくなりませんか。
天気に左右されず、良い週末をお過ごしください♪