静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県民も知らない地名のルーツ。『小豆餅・新幹線・比奈』

敷地面積が非常に大きく、政令指定都市が2箇所もある静岡県は、四方八方沢山の地域に地名が存在し、県民の多くは自分が住んでいる場所以外の地名は分からないといった人が極めて多いです。

難読なものや、ルーツや由来が変わっていたり、間違って認識していたりと。

さて、そこで県民も知らないような変わった地名やそのルーツについて深く深く掘り下げてご紹介します。

今回取り上げるのは、『小豆餅と新幹線、それと比奈』です。

地名1

《小豆餅》

浜松市は中区。人口200万人以上を抱えるこの地にはおかしな地名があります。
それは『小豆餅(あずきもち)』という地名です。

県外や市外からの観光で来た人には、近くに茶菓子屋があるのではないかと思われるような地名です。

さて、この地名の由来ですが、県民なら誰しも知る、徳川幕府初代将軍の徳川家康が関わっていたのではないかと言われているので驚きです。

武田信玄との三方原の戦いで敗れた家康は城への帰路、この地区の茶菓子屋に入りました。

それはそれは大層な小豆餅を食した家康は、帰路につくことを急いでいたのか、はたまた、物思いにふけていたのか、小豆餅の代金を支払わずにお店から立ち去ってしまったようです。
それを知った店主は、家康を追いかけやっとのことで追いつき代金を受け取りました。
この逸話が『小豆餅』のルーツとされ、代金を受け取った場所を『銭取』と言っていたようです。

ただし、この『銭取』に関しては合併や区画整理などにより現在まで名前を残すことは出来ませんでしたが、遠鉄バスの停留所には今も尚、その名が刻まれているようです。
さて、『小豆餅』の由来とされるのは、この逸話がメインですが、いかんせん信憑性に欠けるようで、茶菓子屋のあった三方原は、江戸の時代に店があるような土地では無いということです。

そこでこの由来にはもう一説あり、浜松城の主の弟が三方原にやってきて左右に軒を連ねる茶菓子屋の一軒に立ち寄り小豆餅を食したといいます。
しかし次から次へと奇妙奇天烈な事が起こったために、店の者が裏へ行っていた時に、慌てて店を後にしたようです。

すると最初は男、その後3メートルはあろうかという大男が追ってきている気配を感じましたが、後ろを振り返ることもせずに、必死に走り、やっとの思いで町の外に出たようです。

後日、その話を周りの者にしてみましたが、そもそもそんな所に茶菓子屋など無いという返答だったようで、再び場所を確認に行くと、そこには戦いで敗れた多くの兵士の骨が辺り一面に散らばっていたといいます。

彼らはその亡骸を掻き集め、小豆餅を供え念仏を唱えたことからこの地名となったというものもあります。

家康の逸話とこちらの故事、どちらが正しくどちらが誤っているということはありませんが、どちらもお菓子な話です。

由来1

《新幹線》

静岡県東部。三島市と熱海市の間には田方郡函南町という小さな町があります。
こちらには『新幹線』と呼ばれる地名が有りました。

今でこそ南町上沢とその名を変えましたが新幹線公民館というのは今尚あるようです。
無論新幹線の停留所が有るような繁華街ではなく、のどかで自然が美しい町です。

ではなぜ、そのような地名が存在したのか。そのルーツを探っていきます。

事の発端は昭和16年、東京、下関間をむすぶ高速鉄道の工事が着工された事によります。
この計画は「弾丸列車計画」と言われ、その工事関係者は函南町の官舎に住むことになりましたが、それがきっかけとなり、この地を『新幹線』と呼ぶようになったようです。

しかし、工事が着工された時は第2次世界大戦の真っ只中。思うように工事が進まず、また日本の戦況も芳しくなかったために、工事の中断を余儀なくされました。

それから工事が再開されたのは戦後暫く経ってからのことで、昭和34年の事。

5年後に開催予定が迫った東京オリンピックに向けて、東京、大阪間を短時間で交通機関が必要となり戦前に進められていた「弾丸列車計画」を下敷きにして、工事が進められるようになりました。トンネルが全開となったのは東京オリンピックが始まる5ヶ月前とのことでその時の作業員の苦悩と努力が垣間見えます。

伊豆箱根バスの停留所には「幹線上」と「幹線下」の地名があり、今尚隠れたところで伝承され続けています。

《比奈》

日本最古の物語とされている「かぐや姫」。今尚多くの人に親しまれ、誰しも読んだことであろう有名な話です。
今ではそれをモチーフにしたコマーシャルなどが放送され、人気を博しています。

さて、そんなかくや姫伝説ですが、物語発祥の地は静岡県は富士市のようなのです。
しかも富士市では現在もかぐや姫伝説にまつわる多くの地名が残されています。

その一つが富士市にある『比奈』です。もともとは姫名という地名であったとされ、平安時代から既にあった地名のようです。
『比奈』という地名は「太陽がある場所」といった意味が含まれているようで、「陽向」が転化したものではないかと言われています。

またさらに興味深いのは、富士市には「比奈かぐや姫」という地名も実在しているということです。
それは富士市に有る昭和自動車学校の住所のようです。

残念ながら、明治の区画整理により現在この地名が残っているのはこちらだけしかありませんが、確かにその名前はありました。
またこの近くには、竹取の翁が籠をあんだ地にちなんで「籠畑」、かぐや姫が翁と媼との別れを惜しんで何度も振り返ったとされる「見返り坂」、かぐや姫が富士山に戻るときに通ったという「囲いの道」といった地名が現在も伝えられているようです。

ただしここで一つの疑問が生まれるはずです。
かぐや姫は月に帰るのではないのかと。

ここ富士市のかぐや姫伝説は一般的に広く知られているものとは少しストーリーが違うようで、かぐや姫は「富士山の仙女」という前提があったようです。
竹から生まれ、美しい娘に成長したところは一般のものと同じですが、その後かぐや姫は夫婦となりますが、富士山の仙女であることを告白し、富士山へと帰っていくといったストーリーのようです。

あくまで伝説に過ぎませんが、この昔話のルーツ巡りも楽しいかもしれません。

以上が静岡県の変わった地名とその由来です。

自分の知らなかった場所かもしれませんが、その由来を知ると中々楽しかったり興味が湧いてくるかもしれません。
どれも静岡県内であるため、ルーツ巡りや観光などにも適しているかもしれません。
是非とも行かれてみてはどうでしょうか。
参考文献

日本地名の会 著
静岡県民も知らない地名の謎