静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県民も知らない地名のルーツ。『函南町・長泉町・熱海市』

鮎壺

敷地面積が非常に大きく、政令指定都市が2箇所もある静岡県は、四方八方沢山の地域に地名が存在し、県民の多くは自分が住んでいる場所以外の地名は分からないといった人が極めて多いです。

難読なものや、ルーツや由来が変わっていたり、間違って認識していたりと。

さて、そこで県民も知らないような変わったルーツを持つ地名をご紹介します。

今回取り上げるのは、『函南町・長泉町・熱海市』です。

《函南町》

静岡県の東部、三島市と熱海市に挟まれた地にあるのが「函南町」です。

さてこの字、なんて読むのでしょうか。
これは「かんなみ」と読みます。

県東部の出身者や、東部在住で無ければもしかしたら読むことが出来ないかもしれません。
北海道「函館市」にちなんで「はこなみ」という人も少なくないようです。

この函南の由来ですが、温泉地箱根の南に位置しているからのようです。

もともと箱根は「函嶺」と書かれていたようで、「函嶺の南」がいつしか「函南」へと転化したようなのです。

実は箱根という地名は以外に古く、古事記や万葉集にはすでにあり、「筥根」などと記されていたようです。
なお、函南は以前「かんなん」とも呼ばれていたようですが、丹那トンネルの西側に「函南駅」が出来、自然と「かんなみ」と読むようになったようです。

《長泉町》

静岡県北東部には駿東郡と呼ばれるところがあり、三つの町がこれに属しています。
「小山町」、「清水町」、そして「長泉町」がそれにあたります。

駿東郡というのは戦国時代より伝わる地名の名で、実は上記の三つの町以外に、御殿場市、裾野市、沼津市、富士市(一部)、田方郡(一部)がこれに含まれていたようで、御殿場市、裾野市、小山町は「北駿」、沼津市、長泉町、清水町は「南駿」と呼ばれていたようです。

さて、長泉町の町名は前身の長泉村から伝承されましたが、長泉という名が発祥したのは明治22年の事。

以前から町域の黄瀬川より西は「三長窪」と呼ばれ、東は「小泉荘」と呼ばれていました。

そのことにより長窪の「長」と小泉の「泉」を取り、「長泉」という自治体になったようです。

長泉町現在、観光地としても人気があり、「鮎壺の滝」は富士溶岩流の岸壁に形成された滝で、溶岩の間から流れ出る九メートルもの水の落下は大きな迫力があり見ものです。
滝壺が藍色をしてることで「藍壺の滝」とも称され大変な人気を博しています。

その他フランス画家の作品を収蔵した美術館があるのも有名です。

《熱海市》

1年を通して行われる花火大会は大盛況を博し、すり鉢状の地形であることから花火業社にも喜ばれる温泉街の熱海。
静岡県民であれば誰しも知るであろう熱海市ですが、これは実は難読地名であり、温泉街熱海を知らない県外の方であれば中々読みにくい地名の一つなのです。

さて、熱海の由来ですが、海中から温泉が湧き上がり、海水がことごとく熱湯になったことから「あつうみが崎」と呼ばれ、それが転じて「熱海」になったと伝えられています。

古くから地元に伝わる逸話として、奈良時代、万巻(まんがん)上人が海中に湧く温泉によって魚が焼け死んだことで甚大な被害を受けた漁民の訴えを聞き、祈願することで泉脈を海中から山里へ移したようです。

その時万巻(まんがん)上人の勧めによって建立したのが湯前権現(湯前神社)であるとされます。

文献上で「熱海」という地名が初めて確認されたのが今からおよそ800年ほど前のことです。
また、「あたみ」という地名はここだけにかぎらず、温泉が湧き出る場所に見られるようで、福島県の郡山市にも「熱海町」があるようです。

以上が静岡県の変わったルーツを持つ地名とその由来です。

自分の知らなかった場所かもしれませんが、その由来を知ると中々楽しかったり興味が湧いてくるかもしれません。
どれも静岡県内であるため、ルーツ巡りや観光などにも適しているかもしれません。
是非とも行かれてみてはどうでしょうか。
参考文献

日本地名の会 著
静岡県民も知らない地名の謎