静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県民も知らない地名のルーツ。『白拍子・妻良・次郎長・上土新田下足洗新田川合新田請新田・百々』

敷地面積が非常に大きく、政令指定都市が2箇所もある静岡県は、四方八方沢山の地域に地名が存在し、県民の多くは自分が住んでいる場所以外の地名は分からないといった人が極めて多いです。

難読なものや、ルーツや由来が変わっていたり、間違って認識していたりと。

さて、そこで県民も知らないような変わった地名やそのルーツについて深く深く掘り下げてご紹介します。

今回取り上げるのは、『白拍子・妻良・次郎長・上土新田下足洗新田川合新田請新田・百々』です。

《白拍子》

磐田市の南部に、磐田駅も西南方面に「白拍子」という大変珍しい地名があります。

歴史用語の白拍子といえば、平安時代から鎌倉時代にかけて流行した即興的な歌舞やそれを舞う専業者に事で、初期は男性も属していましたが、後に女性のみに限られました。

有名な人物としては平清盛から寵愛を受けた祇王や、源義経の愛人であった静御前などが挙げられます。

そのような古い時代の白拍子という言葉がなぜ磐田市の地名となったのか。単純に考えれば白拍子を生業としていた者たちが集団で住み着いたと考えるのが妥当です。

《妻良》

「めら」と読み、三嶋大社の祭神である三嶋大神と結びつけて説明されていたこともありますが、一般的に考えると、「メ」という地名の起こりやはり海との関連が高いようです。

地名としての「メ」には、「目」「女」「妻」「雌」などの字が充てられることが多いですが、その他に、「布」、「藻」なども用いられることがあります。

布や藻は、いわゆる海藻のことで、アラメやワカメなど、食用とされる海藻の事を指しています。
これにより、布浦と呼ばれていた地名が、「布良」となり、「妻良」に転じたともいえます。

地名4

《次郎長》

「清水の次郎長」といえば、静岡県民のみならず、全国的その名が知られた大親分ですが、富士市の中部の西側になんと次郎長親分の名前の付いた、その名も「次郎長町」という場所があります。

渡世人から足を洗った次郎長が山岡鉄舟や静岡県令、大迫貞清から富士山の裾野の荒れ地の開墾を勧められたのは明治7年のことです。
以前は札付きの悪でしたがその男気を買われ、静岡監獄の江尻支所の囚人たちを使い、開墾を開始しました。

しかし標高350メートルも有るその地は、草木をいくら排除してもしきれないほどの荒れ地でした。
日を重ねた開墾虚しく農作物を作ることが出来ないと分かったため、約75ヘクタールを開墾したところで作業は中止、全員引き上げてしまいました。

その後、御殿場や裾野の人達がこの地を入植し開墾に着手し現在の次郎長町の土地が出来上がりました。

次郎長町の貢献にはやはり次郎長の活躍が大きいですが、そのすべてを彼一人が行っていたわけではなく、実際に作業を指揮していたのは次郎長の養子であること、作業に明け暮れた囚人衆やその後開墾した人達の事を考えると、今後もその名を汚さず伝承していきたいと思える土地です。

《上土新田下足洗新田川合新田請新田》

今ではもう消滅しまいましたがおそらく日本一長かったのではないかと言われる地名が静岡市の葵区にありました。

ただしこの地名の由来は何ということは無く、浅畑沼の北部にあった 上土新田、下足洗新田、川合新田という3つの村の新田が開発されたことに由来するものです。

以前は「三請新田」「上ヶ土新田ニカ村請新田」とも呼ばれていたようで、自分がその村人でしたらそちらを使っていたであろうと共感する名称です。

現在名前が確認できるのは上土新田という所だけであり、残部は「流通センター」、「牛田」、「野丈」、「天神前」、「諏訪、「南沼上」という地名に取って代わられていきました。

《百々》

地名の由来には大きく分けて歴史的なものと、地形・物理的なものがありますが、「百々」という地名はまさに後者の典型例であると言えるようです。

「百々」と書いてなんて読むでしょうか。これはすなわち「どど」です。
通常はこうは読まないので驚きです。

「どど」と言うのはつまり水が勢い良く流れ落ちることや小さい滝を意味するようで、川の水音が「轟いて」いることからの命名と思われます。
そのため百々という地名には同じ由来から伝承されてきた「百目木(とどめき)」や「道目木(どうめき)」といった表記も見られます。

もともと「百々」は宮本村という前身がありましたが、その前はやはり百々村のようで、暴れ川と恐れられた天竜川の氾濫を受けやすい場所に位置していたので、古くからこのような名前が付いたようです。

また、「どど」「とどめき」「どうめき」といった響きを持ち地名は全国的にも多く、川や滝の名前もその語源は同じと見ることが出来ます。

以上が静岡県の変わった地名とその由来です。

自分の知らなかった場所かもしれませんが、その由来を知ると中々楽しかったり興味が湧いてくるかもしれません。
どれも静岡県内であるため、ルーツ巡りや観光などにも適しているかもしれません。
是非とも行かれてみてはどうでしょうか。
参考文献

日本地名の会 著
静岡県民も知らない地名の謎