静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

バーに飲みに行く服装

DSC_9819

 

お洒落な空間には、お洒落な服装で!

こんにちは、はっしーです。
今回はバーに行く服装について考えてみます。

夏も本番に近づき、深夜に静岡市街のバーにふらりと…。なんてことも増えてきましたね。
バーの楽しさには、一人でも友達でも恋人でも楽しめるという所があります。

カウンター席に座って、のんびりとバックバーのボトルを眺めながらお酒を嗜むというのはかなり大人な空間と言えますね。
ところが、オシャレなバーであればあるほど服装を気をつけなければいけません。

例えば、貴方が大切なデートで雰囲気の良いバーを選んだとします。
そのに居るお客さんの中で、ショートパンツに変な柄のヨレヨレのTシャツで紙がボサボサえ不衛生な人が居たらどうでしょうか?
さらに女の子がその人の隣に座ることになったらどうでしょうか?
せっかくお洒落な空間が壊れてしまいますね。

ところが、女の子の隣に居るお客さんが、お洒落なジャケットを着こなして、清潔感のある渋いオジサンだったら、その場の雰囲気を上げてしまうキャラクターになりますね。
お客さん同士が服装(ドレスコード)について気をつける事で、より良い空間を作れるのです。

残念ながら静岡ではドレスコードを気にする人が少なく、お客さんの半分位は襟の付いていない服装で来店します。

チャージ料1000円以上のお店、一人予算5000円以上のお店

こういった格式高い、固いバーの場合は男性の場合はジャケットが必須です。
女性はキレイ目なワンピースなどであると良いかもしれません。
トップスにデニム系の物は避けましょう。

スーツでなくても下の写真のようにカジュアルなジャケットだとその場に映えます。
夏場は、麻・リネン・綿などの素材が良いですね。冬場はウール、シルク、ツイード、サキソニーなどがオススメです。
静岡市であれば、ビームスやユナイテッドアローズ、静岡伊勢丹のメンズフロアでお洒落なジャケットが売って居ますよ。

jacket-pants01-800x589

 

pitti-uomo-84-street-style-report-part-2-26-620x264

 

チャージ料1000円未満のお店、一人予算5000円未満のお店

チャージ代金が600円、ドリンク800円など、カジュアル寄りのバーの場合はジャケットがなくても大丈夫です。
もちろん有るに越したことはありませんが。

ですが、Tシャツやヨレヨレのチェックシャツは避けましょう。
夏なのに赤いチェックのネルシャツを着ている人も居るので、季節感も無ければ清潔感もありませんね。
夏場であれば、コットンシャツ(綿)か、麻シャツなどを選ぶと良いです。

デニム+シャツでもとてもオシャレに着こなすことができますよ!

linen-shirts-620x264 shirts-style06-800x562

 

というわけで、夏のバータイムのひとときを十分に楽しんでみて下さいね!