静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡県で生まれた寝具「グラウディングマット」

今回は静岡県で企画設計している寝具メーカーの製品「グラウディングマット」をお届けします。

gmat11

グラウディングマットとは

作っているのは静岡県富士宮市にある、有限会社ひだまりカンパニー。
以前は静岡市内に会社があったようですが、院長が富士山に魅了され会社ごと富士宮市の高原に引っ越されてしまったようです。

グラウディングマットというのは、身体を整える設計になっており、毎日5時間〜8時間程度寝るだけで良いという、たいへん簡単な使用が魅力的と言えます。

なぜマットレスの形状にしたか聞いた所、運動用具と異なり、人は必ず毎日寝るので、その貴重な時間を利用できれば誰でも続ける事ができるからだそうです。

確かに、ジョギング用のスニーカーを購入しても2,3回しかジョギングせずに、そのまま物置行きになってしまったという話は良くあるので、寝るだけで身体を整えることのできるグラウディングマットは発想の逆転と言えますね。

DSC_8582

making01-01

国産にこだわる姿勢

一番感銘を受けた部分は、部材の調達、製造組み立て、管理など全てを国内で行っていることです。
アジアなど海外で生産すれば格段とコストが下がり販売価格も抑える事はできますが、有限会社ひだまりカンパニーのコンセプトとしては、国内にこだわって製造していきたいということです。

帝人の高級なウォーマルを採用したり、専用設計の圧縮固綿も日本製、トルマリンやゲルマニウムの機能性シート(試験結果の証明書も見せていただきました)、さらには富士山の溶岩を吹き付けたシートも入っているようです。
一見そこまでこだわっているようには見えませんが、とても手間が掛かった本当の意味で高級な寝具と言えます。

時計や食器、衣類なども国産製造が増えてきましたが、静岡県内でもこのような国産の「静岡県産の寝具」が販売されていることに感動しました。
家具なども同じように国産がどんどん増えて行ってほしいですね!

有限会社ひだまりカンパニー オンラインストア
http://store.grounding.tv/