静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

静岡のスターバックス

starbucks_shizuoka

静岡のスタバを巡る

2002年、静岡にスターバックスが出来てから静岡市内の雰囲気が変化していったのを覚えています。
当時はスタバでサラダ、アズキフラペチーノ、シェイクンレモンパッションティなど目新しいドリンクやフードの数々に驚きました。

静岡市は地方でありながらスタバの数が多く密集しています。
例えば、静岡駅構内のラチ店(新幹線の待合室内)、静岡アスティ店、丸井静岡店、呉服町通り店、静岡市役所前店など、徒歩10分圏内に5店舗ものスタバが密集しています。

自転車や車で移動すれば、マークイズ静岡店やアピタ店(セントラルスクエア静岡)も駅から5~10分程度なので、以下にスタバが多いか分かります。

coffee

ブラックエプロンと技術の向上

そしてスタバの店舗の多さによって何が違うか、それは技術と味の違いです。
スタバってお店によって味が違うの?と思うかもしれませんが、実は店舗によって味が異なります。

例えばキャラメルマキアート。
これは代表的なメニューですが、バリスタによっても味が異なります。
抽出の時間やミルクフォームの作り方、温度、やはり技術が高い店舗だと格段と美味しく飲むことができます。

店舗が多いと何故良いかというと、良い意味で競合するからです。
徒歩圏内に密集しているお陰で、静岡のスターバックスには「ブラックエプロン」と呼ばれるコーヒーマイスターが何人も存在します。
このブラックエプロンを取得するには厳しいトレーニングとブラインドテイスティングを含むテストが課されて、コーヒーの豆を目を閉じたままでも判別できる能力が必要です。

このブラックエプロンを持っているスタッフは全国のスターバックスでも少なく稀少な存在です。
取得率の高さも、スターバックスの店舗が密集していて、各店舗ごとの意識が高いからとも言えます。

manunado

静岡の中でも地方のスタバ

個人的な感想ですが、静岡県内でも「浜名湖サービスエリア」と「イオンモール富士宮」のスターバックスは、技術や意識が低いと感じました。
浜名湖はカプチーノを頼んでも、混雑していないにも関わらず、作るのに時間がかかりすぎて提供が遅く、そして出来上がったカプチーノのはぬるくて飲めたものではありませんでした。
競合が少ないと、混雑していないのに時間が掛かったり温度が違うものが出やすいです。例えば呉服町通り店などは一日中忙しく、休日や通勤時間帯は地獄のように混みあうので、超短時間で次から次へとオーダーを裁かなければなりません。そういった毎日のトレーニングの積み重なりが技術として出ているとも言えます。

富士宮のスターバックスに関しては、コンディメントバー(セルフサービス)のはちみつとシロップが反対に入っていて、汚れている状態が続いていたのが特に気になりました。
他にも本日のコーヒーの提供時に、残りがごくわずかで傾けないと出ない状態でも、規定より少ない量でリザーブされたりと、香りの飛んで時間の経ったコーヒーが出されます。

少なくとも静岡市内のスターバックスであれば、方向けないと出ないような状況であれば、顧客に新しく香りの高いコーヒーを出すために、数分待ってもらい新しいコーヒーが提供されます。
そういった細かい部分も、市内と市外では差が出ているのだと思います。

イオンモール富士南のスターバックスに関して言えば独立したテナントで運営されており、周りの整備(テラス席やオリーブの木を植えたり)がきっちりとなされ、店内のサービスも優れています。

fujisutaba

静岡のスターバックスの特徴

イオンタウン富士南店
国道1号線沿いにあるイオンモールの店舗ですが、独立した店舗になっています。
テラス席があるのが特徴で、愛犬を連れたまま外でコーヒーを楽しむことができます。
そのまま隣のイオンでショッピングを楽しめるのも魅力的です。

イオンモール富士宮店
富士宮駅からすぐ近くのイオンモール店内のスタバです。
駅周辺にはタリーズコーヒーやドトールコーヒーさえないので、富士宮を訪れた時には重宝します。
映画館なども併設されているので、映画の後のコーヒーにも良いです。

静岡呉服町通り店
静岡市内でも人気の高い呉服町通り店。
目の前スクランブル交差点と名付けられた謎の交差点の前に位置します。
2階建ての店舗を実質3階建てにしているのが特徴的で、階段の横にもソファ席を設けることで、
色々な高さに席があるためとてもおもしろいです。
混雑状況を知りたい場合は、カウンターでバリスタに尋ねれば、モニターで確認してもらうことができます。
屋外では頻繁にテイスティングをしているので通りを歩いていると無料で貰えることもあります。

2013~14年にかけて、改装されて寄り広く新しくなりました。
以前の2階の4人がけソファ席は廃止させてしまいましたが、すっきりとしたレイアウトは好感です。
丸井店と違って新年の福袋販売は取り扱いが無いので注意が必要です。

gohuku

静岡 市役所前店
呉服町店と双璧をなすのが、この市役所前店。
ドトールコーヒーの真隣にあります。市役所というよりは伊勢丹静岡から程近くにあります。
ここも人気の高いスタバで、休日はたくさんの人で混雑します。
市役所前店の最大の特徴が店舗を通り抜けた先にテラスがあるということです。
4面壁に囲われたこの空間は、まるで台湾台北の街角のようで不思議な魅力があります。
雨の日はオーニングが開くため、濡れずに外でコーヒーを楽しめます。

また、冬季は大きなヒーターが設置されて、寒い中で暖を取りながらお喋りできるのでとても贅沢です。
塗り壁で荒々しく柄を残してあるのが個性的で芸術性が高いと言えます。
二階に上がっていく階段は少し急斜ですが、アンティークな色合いがお洒落なカフェの雰囲気を醸し出します。
席はあまり広くはないのですが、こじんまりとしていてパソコンで作業できるデスクもあるので、少し休憩がてら作業したいときにオススメです。
お客さんの層が少し落ち着いていて上品なのが市役所前店の魅力です。
また、バリスタは気遣いが素晴らしく、いつでも新鮮で最高のコーヒーを提供してくれます。
熱心なファンも多く、200店舗記念のタンブラーを持ち込んだ所、声を掛けてもらえ色々と話し込むようなアットホームさもあるのが良いです。

MARK IS 静岡店
最近になってできたマークイズ静岡のスタバです。静岡県自動車学校にかよっている人にとって徒歩圏内で休むことのできる憩いの場になっています。
店内は広めで、設備も新しいのが特徴です。
ゆったりと過ごすというよりは、買い物の合間に少し寄るといった使い方がオススメです。
ただ休日は家族連れがとても多いので、子供の声が気になる場合があります。
逆に言うと、子供と一緒に行っても全然浮くことが無いので、小さな子供を連れてスターバックスに行きたいのであれば、マークイズ店かアピタ店がオススメです。

ASTY静岡店
静岡駅のアスティ1Fと連絡通路の途中にある店舗です。前には雑貨屋さんがあり、絶えず人通りがあります。
意外にも店内は広く、座席数も多いのが特徴です。ただ、アイテム数が少なめな印象を受けます。
駅構内なので待ち合わせに便利で、近くの成城石井で買い物した後に寄るのにも最適です。
バリスタの技術も高く、”静岡駅店”という事もあり、朝の混雑した時間帯に行っても捌ききれる技術力の高さがあります。
提供までの早さと段取りの良さは、渋谷の交差点にあるツタヤ店舗や、ゆりかもめ新橋駅店、銀座マロニエ通り店と同じような技術があると言えます。
忙しいビジネスマンや若い人の顧客が多いためか、ドリンクの温度が若干熱めに作られている気がします。

静岡駅 新幹線ラチ内店
アスティ店の真上にある、静岡駅の新幹線乗り場にある店舗です。
といっても、売り場だけあり座席は待合室といった感じの店舗になっています。
新幹線に持ち込むのが前提となっているため、物品の販売などはほとんどありません。

ただ、この店舗もまた提供までの時間が短く段取りが良いのが特徴です。
オーダーをすると、必ず”何時の新幹線にご乗車ですか?”と聞かれ、スタバに寄ったせいで新幹線に遅れた!といった事態にならないように細心の注意がなされています。
東海道新幹線内で提供されるコーヒーよりも美味しい挽きたてのコーヒーが買えるので、新幹線に乗車するまえには時間の余裕を持ってこのスタバで飲み物を用意すれば、より快適な旅行ができます。

静岡 丸井店
若い世代に人気の丸井店は、マルイA館の2階からけやき通りを望める店舗です。
吹き抜けのように広いカウンターが特徴的で、後ろには豆の瓶が飾られています。
ここの店舗には可愛い女の子やお洒落なお姉さまがたくさん訪れます。
男性客は比較的少なく、女の子の憩いの場となっているようです。
階段を登って二階に行きますが、窓辺の席は1人用、ソファは2人用と人に寄って分けているのが印象的です。
窓の席からは外を眺める事ができるので、買い物の途中や後に、一人でしっとりとドリンクを楽しみたい時にもオススメです。
ここの丸井店は福袋の取り扱いがあり、1月1日にはオープン前から列が出来るほどです。
技術も高く、気の利いたバリスタも多いのでスタバファンも満足できるはずです。
ただ、休日はたいへん混雑して101席もある座席が完全に満席になってドリンク片手にうろうろする人もいるほどなので、休日にスタバに行く際は注意が必要です。

富士川サービスエリア(下り線)店
東名高速道路の富士川SAにあるこのお店は景色が大変良く、富士を一望できます。
また夜景を望むこともできるのでデートにもオススメです。
詳しく記事で紹介しているのでこちらを参照下さい。
http://shizuokastyle.net/fujikawa_sa_starbucks_coffee/

アピタ静岡店
アピタ、セントラルスクエア静岡の中に位置するスタバです。エスカレーターの隣にあります。目の前にはカルディ。
マークイズ静岡と同じように、ショッピングモールでの買い物の途中に休憩するのに最適な店舗です。
駐車場が無料なので静岡市内に車で来て無料で停めたい場合は便利な店舗です。
休日は混雑してアピタに全然入れない事もあるので注意が必要です。
年齢やお客さんの層は幅広く、子供と行っても目立たないので家族連れにはオススメできます。

ららぽーと磐田店
磐田インターから10分程度にある、ららぽーとは複合商業施設で映画館も完備する西の人気なショッピングモールです。
このららぽーとには、磐田唯一のスタバが入っています。学生や若者が多い印象です。
至って普通な感じの店舗で、ショッピングの途中に楽しむには良さそうな店舗です。
ららぽーとから浜松は車で20分程度で行くことができるので、ららぽーと+浜松という休日も良いかもしれません。

ザザシティ浜松店
浜松駅から徒歩で10分程度。人気のザザの1階に入っています。
大通りに面していて、8時からオープンしています。
ザザの3階には映画館があり、新作映画が頻繁に公開されているので、スタバでドリンクを楽しんだ後に映画を見たり、映画の後に飲むのもオススメです。
新浜松駅店からだと徒歩で5分程度なので、混雑している場合は、イズム店に行くのが良さそうです。

浜松イズム店
浜松駅は静岡駅のように駅構内にはスタバがありません。
新幹線のラチ内にはありますが、乗車予定のひと意外は基本的には利用できない店舗です。
そこで、駅から一番近いスタバが、この浜松イズム店舗です。
バスターミナルと遠鉄の横を通りぬけ、交差点の端にあります。
欲を言ってしまうと、もう1店舗アクトシティ側に欲しいと個人的に思いました、オークラ浜松に泊まったのですが、客室からここのスタバまでコーヒーを買いに行くと往復で20分以上歩く事になります。
結局アクトシティの1階にあるコンビニでスタバ折り紙を買ってすませちゃいました。