静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

【静岡駅南】志ほ川 そば店

【日曜夜でも気軽に入れるおそば屋さん】

唐突ですが、おそばは好きですか?

いや、この際そんなに好きじゃなくても構いません。
金曜の夜や土曜に遊びつかれた日曜日、夕食は何を食べようかな、ちょっと食べ過ぎちゃったからさっぱりとしたものがいいかな。なんて日はありませんか?

そんな日に、ふらっと行ってちょっと一杯引っ掛けて気軽におそばを食べて帰れるお店、それが静岡駅南銀座にあるそば屋『志ほ川 そば店』です。

静岡駅南エリアといえば多くの企業が軒を連ねるオフィス街。平日は朝から夜まで多くのビジネスマンで賑わうこの街も、週末、特に日曜の夜ともなるとひっそりとして、営業している飲食店の数も多くはありません。

その中で日曜でものれんを掲げているお店のひとつがこちら。

【縦長に伸びる、アットホーム空間】

狭い間口から入ると、店内は奥行きのある細長い作りとなっていて、右側に厨房、左にテーブル席となっています。メニューは席に備えられています。
席に座ると、厨房から店員さんが出てきてお冷やおしぼりを持ってきてくれるので、注文を。
お酒を頼む場合、お通しとして柿の種か山菜を選ぶことができます。

酒の肴になる一品料理の数もそれなりに豊富で、中にはおそば屋さんらしい「そばがきコロッケ」というものもあります。これは舌触りなめらかでなかなか美味でした。筆者のおすすめおつまみは「野菜炒め」と「川エビの唐揚げ」です。

瓶ビールを飲むもよし、お店オリジナルのそば焼酎をちびちびやるもよしですね。そば焼酎はそば湯割りをお願いすることもできるので、寒い時期にはぴったりです。そば屋でそば焼酎のそば湯割りをいただく……ちょっと何を言っているのかわからなくなりますが、心躍りますね。

店内にはテレビや新聞、雑誌が備えられているので、それらを眺めながらまったりとできるところも日曜夜にぐだぐだやるにはうってつけです。店員さんたちも気さくなおかあさん方なので、長居も安心ですよ。

【もちろん締めはそばで】

_5

もちろんおそば屋さんですから、締めにはおそばをいただきたいですね。もちろんうどんや丼もの、更にラーメンまでも頼むことができます。
定番のざるやもり、かけはもちろん、季節限定のものなど、様々な種類のメニューが揃っています。もしコスパを求めるならば、一度玉子とじを試してみてください。温かいおそばにふんわりとした玉子が乗っていて、お値段以上の満足感が味わえます。お腹に余裕がある場合は、丼とのセットメニューを選ぶこともできますよ。うな丼セットなどのうなぎは浜名湖産とのことで、味も信頼できますね。

とはいえ、おそば自体がすごく美味しいかといえば普通です。もちろんおそば屋さんですから美味しいのですが、特筆すべき点はなさそうな普通のおそば。
しかし、それを補ってあまりある気楽さや安心感があるお店です。ひとりで気負わずにご飯を食べたいとき、そんなときにぶらっと訪れることができる、それが筆者には魅力的に感じられました。

【志ほ川 そば店】

所在地 静岡市駿河区南町5-32
TEL 054-285-6455
閉店時間 21:00

かけ 500円
玉子とじ 600円
川エビの唐揚げ 300円
うな丼セット(うな丼にかけまたはぶっかけ付き) 1000円