静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

自宅で作る手巻き寿司。

採用6

海や山が豊富な静岡県は、食材の宝庫として古くから知られています。
スーパーや商店街のお店に並ぶ食材さえも贅沢なものを取り揃えているから驚きです。

食材のクオリティーが非常に高い静岡県だからこそ、ふと入ったレストランでも味に失敗することは少ないのです。
食材と料理の味は基本的に比例しますので、モノが良ければ自宅でも美味しいお料理が手軽に頂けます。

個人的に食材は余り調理せず、ありのままの状態で食べるのが好きなので、今回は静岡県の(で買える)絶品食材を使った手巻き寿司をご紹介します。
魚の仕入元は焼津市の観光名所、『焼津さかなセンター』です。

【手巻き寿司】

IMG_3493

《新潟県産こしひかり》

炊きたてツヤツヤのお米にお酢を少々。お酢はサッと掛け、個性がそこまででないようにするのがポイントです。

IMG_3494

《タラバガニ》

今回は国産の冷凍モノを使用。3肩でおよそ2500円。
カニは爪が割れているものを選ぶといいでしょう。
爪が割れているということは身が詰まっているということ。
茹でると身が膨張しパキっという音と共に、プリプリの身が殻を割り顔を出します。

IMG_3489

《うに》

うにの価格は現在非常に高騰しています。写真は300g程度ですが、これで800円ほどしました。ちなみに国産ではなくカナダ産です。カナダの養殖物でこの価格なので驚きです。

IMG_3487

《いくら》

いくらは北海道産の物を使用。国産で香りや味も良かったので700円だということにも納得です。身がぷりぷり、味も濃厚なので良好。

IMG_3490

《まぐろ》

まぐろは焼津で揚がった新鮮なものを購入。
おおぶりなものが20切れほど入り750円なのでお得な買い物をしました。

あらかじめ醤油と摩り下ろしたわさびで漬けを作っておいたのですが、身はとろけるほど柔らかく、臭みなど一切なく非常に美味しく一品です。
これとご飯だけでも充分頂けます。

IMG_3488

《甘エビ》

甘エビは20匹で700円。焼津さかなセンターに行くといつも買っているものなので安心しきっていましたが、今回のものは殻を取ると極々小粒。
甘エビの旬は一般的に1月や2月と言われています。
購入したのは10月なので旬ではないといえば旬ではありませんが、少し残念です。

IMG_3485

【カニ汁】

冷凍のカニを茹でその時出たエキスと、蟹の身、豆腐、ワカメ、味噌、それとネギを少々加えたのですが、こちらは非常に美味。
お店で出される味を忠実に再現できました。

IMG_3492

【ナガラミ】

ナガラミは700円で500グラムほど購入。
新鮮でプリプリ、身も詰まっており大満足の一品でした。

そのままでも充分に美味しいですが、ポン酢などの薄味の調味料を加えてあげても尚美味です。

以上が焼津さかなセンターで揃えた手巻き寿司の具、一式です。

焼津さかなセンターは基本的に市街や県外の人が多く訪れ、週末には観光客で大混雑します。
観光客の多くは地域や近隣に海が無い山梨県等の山間部にお住まいの方が多いようです。

静岡県民でも焼津さかなセンターに足を運ぶ人が非常に多くいますが、正直申しますと海に面している静岡県であれば、スーパーや地元の魚屋さんでも充分に美味しい食材が手煮入ります。

誕生日や記念日に夜景の見える高級レストランに行くのは、もはやベターです。
こういった自宅で調理、料理をするということも、たまには良い刺激となります。
興味のある方は是非ご参考に。