静岡スタイルは、静岡クレールに新しく変わりました!

この夏外せない、大本命のレジャースポット『葵区は梅ケ島』

P1010286

 

安倍川の上流、もはや源流近く、葵区は梅ケ島。辺り一面山に囲まれ大自然を肌で感じることが出来ます。付近を流れる安倍川は透明で力強く、その音も心地よい。

そんな梅ケ島にあるのが魚魚(トト)の里です。

【魚魚の里】

こちらの施設は施設内で養殖しているヤマメを釣れたり、溜池に離し掴み取りをすることが出来るスポットです。
捕獲後は内蔵を取り出し(個人では無料、職員に頼むと有料、一匹50円)炭火でじっくり焼き上げ塩をまぶせば出来上がり。
焼きたてをその場で食べることが出来ます。
その身はふっくらでほくほく。こんな贅沢な食べ方他では出来ないでしょう。

料金は
釣り堀 1500円(1人4匹まで)
つかみ取り 3500(1kg) 2000円(500g)
利用時間 10時~17時 10月1日~6月30日は16時まで
休業日は毎週月曜日です。

ちなみに隣接する魚魚の家では食事処があったりバーべキューが出来たりと盛り沢山。
トイレも完備なのでご安心を。

85

【梅ケ島温泉】

さて、魚魚の里でひとしきり汗をかいた後は付近の温泉でさっぱりしましょう。
梅ヶ島は何より温泉が有名なのです。

自然湧出の天然硫黄泉 で温度も絶妙39℃。安倍川の辺りにあるためその色も綺麗です。
温泉に行くなら日帰り温泉『黄金の湯』がオススメ。料金は大人700円、子供300円。

泉質はナトリウムー炭酸水素塩温泉。
お湯は無色透明で、入ればとろっと、出た後しっとりとするのが特徴です。 尚お湯の性質上、浴室内が滑りやすくなっておりますので足元には充分注意することが必要です。
営業時間は9時30分~17時30分(12-3月は16時30分)
休業日は魚魚の里と同じく毎週月曜日。

温泉でさっぱりしたら、目下に広がる絶景を見ながら帰路につきましょう。
梅ヶ島はくねくねした道が多く、また、スピードを出してカーブを曲がるドライバーも多いので帰りも運転には充分注意しましょう。

シチエーション

梅ケ島はデートで来るのが良いでしょう。たまには大自然に触れながらのんびり。そんな時間を大切な人と過ごせれば幸せそのもの。
温泉で少し別れてしまいますが、そこは個人の時間。清々ゆっくりすれば良いでしょう。
また、普段とは違い大自然でのレジャーですから、いつもとは違う、恋人の新しい表情も見れるのでは。

他、同性同士でワイワイするのも良いでしょうし、家族で思い出をつくるのも良いでしょう。

アクセス

静岡駅から北へ進めば1時間少々。こまめに看板が出ていたり、ほとんど1本道なためアクセスはそう難しくないでしょう。他市他県から来られる際は、新東名の新静岡ICを降りれば1時間かかりません。
また、本数は少ないですが、静岡鉄道のバスも走っています。
向かう途中には吊り橋がいくつかありますので、時間があれば渡ってみましょう。スリリングな体験が出来ますよ。

魚魚の里
http://www6.ocn.ne.jp/~totosato/info.html

黄金の湯
http://www.koganenoyu.com/